FC2ブログ

2020-01

探し物していたら・・・。

Ψ(`▽´)Ψ・・・・な、本見つけましたΨ(`▽´)Ψ
とりあえず、通常版のズボラさん開始と、言う事で画像のみUPです。

img120.jpg

まぁぁ・・・今日は、ノーコメントっちゅう事でΨ(`▽´)Ψ

のっぺらぼう

大阪秋の陣・戦利品・画像だけズボラさん特集。

会場で、とある先輩より頂きました。
「のっぺらぼう」(題名の無い)の文献です。
内容も此処で書いたら怒られます(><)。
が、内容は、非常に当会と関係の在る「お隣さん」的な感じです。
限定6部のみの製本らしいです。

img115.jpg

真っ白い本なんで、ホンマにのっぺらぼう・・・ですわw
まぁぁ・・・当会の事務所(倉庫)に入る事の出来る方のみ公開です・・・・・かねΨ(`▽´)Ψ
個人的には、好きな文献です♪

郵趣鶏肋集

急に冷え込んで来ました。
まぁぁ・・・・2月に入りましたし・・・・。
体が3つ4つ欲しいぐらい忙しいのは変わりませんが・・・。
昨日も実はとある仕事のポカのホローで一日が・・・・。


さて、話は変わって今日も文献です。
今日の文献は、コミニティー発行の記念誌です。
磯も実は、ここの末席に座らせて頂いております。

画像 1304

大変為になる内容の文献です。
軍事関係の内容も在るので大事な文献です。


さて・・・全然関係ないのですが、今日、観ていたインターネットのニュースで、往年のテレビドラマ「あぶない刑事」の最終版が来年の年末に上映されるらしいです。
その題名が・・・「さらば あぶない刑事」だ・・・・そう・・・です。
そうです!此処のブログにお越しになる方はもう・・・ご存知ですよね。
「さらば」・・・・が在れば・・・「永久に」やら「新たなる」・・・「2」や「Ⅲ」・・・・そして「完結編」に「2520」・・・挙句に果てに「復活編」・・・・「2199」なんかも・・・・Ψ(`▽´)Ψ
まっしょうもないネタですわw
聞き流してくださいΨ(`▽´)Ψ

ドイツ艦船郵便局

今日も文献です・・・・・楽なので・・・Ψ(`▽´)Ψ

ドイツの艦船局に関する文献です。

画像 1302

横浜のドイツ海軍病院局の記事・・・・わずか1Pの為に購入(本自体のページ数・・・846P)・・・・。
2009年発行の割と最近の文献です。
海外からの輸入費用その他モロモロ考えると・・・・とぉぉぉい目・・・。
一応・・・為に・・・・な・・り・・・ました・・・よ・・・うぇぇぇーん(TT号泣)。
まっそんな事もあろぉぉぉさΨ(`▽´)Ψ

自費出版

昨日に引続き文献のご紹介です。

今日は、自費出版の文献です。
「太平洋戦争中の日本旧陸海軍の謎解きあかし」
です。

第一巻、海軍所在地符号編

画像 1299

第二巻、陸軍漢字符号編

画像 1300

簡易製本の本ですが、図版がカラーで網羅され、非常に面白い内容の文献です。
比較的最近の本ですので、もしかすると筆者様に問い合わすと在庫が在るかも知れません。
因みに、私は、鬼の東の事務局長の「コネ」で、事務局長から譲り受け(取り上げ)ましたΨ(`▽´)Ψ

たて書丸一印の分類

今日は、文献のご紹介です。

「たて書丸一印の分類」です。

画像 1298

一見全然ジャンルが違う様に見えて、実は結構重要な事が書かれているのです。
最近は、結構オークションで見かける様になりましたね♪
お値段もお手頃で良い文献です。

Philatelic Journal 2014

大阪師走の陣、画像だけズボラさん。

本来、戦利品コーナーのマテリアルさんです。

画像 1226

「Philatelic Journal 2014」です。
観て頂いてお解かりでしょうが、軍事郵便の大家、玉木淳一氏の記事が載っているのです。
良本です。
これだけのオールカラー本(約150P)が、定価たったの@1000円!です。
一度、ご購読アレ。

・・・・・あっ因みに、先日UPした「切手の本」にもちょい軍事郵便の記事が有るのですよ・・・ちゃんとΨ(`▽´)Ψ

切手の本

大阪秋の陣・トンキン晩秋の陣、戦利品特集。

思わず買ってしまいました・・・・。

画像 1212

今日は・・・・以上!

官報

年始ズボラさん。

今日のカテゴリーは文献で良いのかな??

画像 835

なんたらかんたら・・・・まぁぁ・・・リーフそのまんまは楽です。
が、私はめちゃ忙しいのです。

従軍物語

新年早々ズボラさんです。
なんか・・・マジに忙しく・・・(@@)・・・ふう!

画像 834

あぁぁぁ・・・・Ψ(`▽´)Ψ

臨時郵便取締令

最近、とある「海獣」さんのブログで、この法令に関する話題が上っていました。

とりあえずそれに関する文献として良書のご紹介です。

画像 534

平成14年7月発行。
73p。
発行者、西宮郵趣会。
編集、著者、藤田卯三郎。

関西郵趣の集い西宮大会の参加者に配布されたものです。

すごく良く調べられており、中でも付属資料の法令集は、役50pにも及び今の私にとって、このジャンルのバイブルと化しています。(まー他力本願の磯さんならでの・・・・ねΨ(`▽´)Ψ)


どないだ??「海獣」さんやいΨ(`▽´)Ψ

沖縄

今日は、文献コーナーです。

「沖縄1874-1972 立川憲吉・石澤司 コレクション」です。

画像 354

2005年の出版です。
出版社は、日本郵趣出版。
定価、8200円。
です。

内容に、沖縄関係の軍事郵便が・・・。
良書です。

大日本帝国の軌跡

今日も文献です。

これは、2011年の横浜日本国際切手展に出品された作品の個人出版の本です。

画像 350

個人記録用に超・限定部数作られたものを、著者様にごろにゃんして分けて頂きました。
発売元(印刷)は、日本郵趣出版です。
内容にはもちろん軍事郵便がワンサと・・・・。

今年のJAPEXで、日本郵趣出版ブースでの個人出版の見本として置いて在ったので、ここでUPしても許されるかなぁぁぁぁ・・・・・っとΨ(`▽´)Ψ

内緒の作品集

まぁぁぁ今回の文献は・・・・。
この状態が表紙です。

画像 349

170pほどの膨大な内容の文献です。
作者も本の内容も秘密です・・・・らしいです。
中に軍事郵便関係の記事が沢山在るんですよね・・・。
発行部数も秘密らしいですΨ(`▽´)Ψ


う・・・・ん・・・・まぁぁぁ・・・・約束と違う内容なので、ここで揶揄しますわ・・ウケケケケ・・Ψ(`▽´)Ψ

Philatelic Journai 2012

トンキン冬の陣・戦利品特集です。

内容の寄稿文に、日本の軍事郵便の外国人コレクター、KennethG.Clark氏の記事が載っています。

画像 341

他の記事も楽しい文献です。

MARITIME DISASTER MAIL

通常ズボラさんΨ(`▽´)Ψ
文献シリーズです。

イギリスの海事関係の文献で面白い文献を見つけました♪
「MARITIME DISASTER MAIL」という文献です。

画像 198

A4版、モノクロ352p。
著者、NormanHoggarth氏とRobinGwynn氏の共著。
出版社、StuartRossiterTrust Fund。
発行年、2003年(現在・・・確か・・・絶版だったと思います。)
定価・・・購入当時で、約9000円(今なら・・・6000円ぐらいか・・・TT)

イギリスの海難事故にあった船に搭載されていた郵便物に対しての専門書です。
WW1関係、WW2関係など、日本からイギリス関係に送られた郵便物の事故に関する文献としてとても役にたつ文献です。
東京の「コーレア」関係の専門家さんに教えて頂き、仲介して頂きました♪いつも、本当に有難うございますΨ(`▽´)Ψ
この文献・・・シリーズが数冊在る様です・・・家にも・・・。


良書は、国籍は関係無いですね♪
でも・・・それを使いこなす語学力が無いと言う肝心な所の罠ww

乃木2銭

困った時の「文献」シリーズですΨ(`▽´)Ψ

乃木2銭 児玉博昭コレクション です。

画像 183

発行年、1994年
出版社、(株)鳴美
切手部ほとんどカラー、395p
定価、2万円

内容からして、著者さんが制作費で泣いているバージョンです。
この価格で、一人のコレクターの人生を掛けた本体コレクションを見れるのは、非常に有難い事です。
内容も、軍事郵便や、戦争関係のマテリアルが多く記載されており、本文の解説も読み応えが在ります。
著者曰く、「真っ赤な青春!」
まさにそのものの文献です。

日露戦争と歴史

昨日に引き続き文献のご紹介です。

今日は、外国の日本軍事郵便の研究家、Kenneth G.Clark氏の英国版を日本語解説で出版された文献です。

「日露戦争と歴史」

画像 159

著者 Kenneth G.Clark。
出版社 日本郵趣出版
定価 7500円

外国の方の考え方、日本の戦争のに関する用語の英語表記の仕方など色々と勉強出来る良書です。

占領軍の郵便検閲と郵趣

最近の磯さん・・・困った時の「文献」コーナーΨ(`▽´)Ψ
ホントに楽なんですΨ(`▽´)Ψ

そして今日の文献。
「占領軍の郵便検閲と郵趣」です。

画像 158

裏田稔 著。
1982年 発行。
日本郵趣出版 発行。
1600円。

今から30年も前に発行された本です。
占領軍の郵便検閲についての専門書です。
それ以降、新書が出ていない分野です。
非常に良い本です♪

中国占領地切手

中国占領地関係の自費出版の本です。

ハードカバーの文献で、コレクション集と、リーフ解説の2巻に分かれた立派な本です。

画像 145

コレクション集130pフルカラー、リーフ解説160p
発行、2009年。
著者、小島義昌
定価、8000円
発行部数、100冊限定シリアルナンバー入り(コイツは〇〇/100)+20冊増刷らしいです。
磯さんの入手経路は、ひ・み・つだったりします。

磯さんの弱い中国占領地がわかり易く解説してあり、しかも、カラー図版が非常に綺麗な文献です。
こんなに上装の本は、著者さんが相当定価に対して泣かなければ出来ない文献でしょう。
磯さん完全お勧めの文献です。

朝鮮郵便史

文献コーナーです。

朝鮮の郵便史で、国際展大金賞グランプリのコレクション集です。
中に、日本最初の軍事郵便、「野戦郵便局」の使用例が、最初期使用例と共に「ゴミ」の様にわんさかと紹介されています。
本当にすごい内容です。

画像 101

平成23年5月20日発行。
著者、井上和幸。
発行所、株式会社 鳴美。

オールカラー、166pで特殊印刷多数・・・・それでも定価6500円と非常にリーズナブル(><)!
まぁぁぁ・・・著者が大分泣いているタイプの半自費出版です。

磯さん的には・・・・半分恨み骨髄のマテリアルも多数含み・・・Ψ(`▽´)Ψ

戦場からの手紙

最近発売された軍事郵便関係の文献です。

「戦場からの手紙」

画像 088

三和三級(多分・・・いや完全にペンネームΨ(`▽´)Ψ)編著。
里文出版、平成24年(2012・・・今年ですね。)発行、280p。
2800円+税(一般書店でも取り扱い)。


当時の色々な軍事郵便の使用例が載っています。

台湾日據初期之軍事郵便

文献シリーズです。

このジャンルで台湾地域の軍事郵便の基本文献としては、そのコレクターとしても有名な「孔繁謀」氏(故人)のコレクション集が一番有名です。
今日、ご紹介の文献がその「台湾日據初期之軍事郵便」(通称「赤本」)です。

画像 074

A4版で、全176P、オールカラーの自家版本です。
すべて片面のみの印刷(カラーコピー??)で、非常に豪華?な枕仕様(176Pで厚さ5cm以上!)の本ですΨ(`▽´)Ψ
2002年、台湾で発行。
発行部数は関係者のみ配られた贈呈本20部限定。
(・・・またもやホントかなぁぁぁ??磯が知っているだけでも、磯の周りの日本人6~7人は所有してますし・・・wアジアの文献は、本当にその辺が信用できませんΨ(`▽´)Ψ)
2~3年前の台湾の切手展でも販売されていたのを見ました♪(爆)

鳴海出版さん発行の「郵便消印百科事典」(2007年発行)の参考文献としても使用されています。

初期の台湾軍事郵便局の印影が非常に良く網羅されており、「混第一野戦郵便局」の印影なんかも沢山・・・。
もう・・・じゅるっもんの羨ましいコレクション集となっており、文献としては非常に良い文献だと思います。

新カテゴリー

久々に新カテゴリーを作りました。
「文献」です。
今・・・考えたら・・・何故今まで作って無かったのでしょう??

とりあえずこのジャンルを作った第一回目は外国の文献です。

画像 066

香港で発行された文献で「抗日戦争時期之中国国際郵路」と言う文献です。
発行は2006年です。
発行部数1000部(ほんとかなぁぁぁ・・・)です。

内容はオールカラーで、国内の飛行場の場所とか料金表とかお手軽に使用出来る様な編集となっています。

(過去の文献を取り扱った記事も文献のカテゴリーに変更いたしませうΨ(`▽´)Ψ)

「日本の軍艦郵便」

トンキンでの戦利品特集です。

以前より我が業界で話題になっていた本をやっと手にいれました。

IMG_0001_20111201003620.jpg

詳しいレビューは各誌に沢山紹介されていますので、ここでは省略ですΨ(`▽´)Ψ

でも、確かに良い本です。
皆様もぜひご購入をお勧めします♪

文献

最近、もう一度、勉強し直そうと、諸先輩方の基本文献を読み直しています。

スキャン1

先ずは、このジャンルの第一人者、鈴木孝雄氏著の「野戦郵便局のロケーティング」と云う本です。
このジャンルに足を踏み入れた方には絶対に必要なバイブル的な文献です。
今から、約35年も前に発行された本ですが、未だにこれに変る次世代の本は発刊されてなく、古本として市場に出ると、当時の定価の4~5倍はゆうに超えて取引されている貴重本です。

じっくりと改めて読み直してみますと、継から継ぎへと「目からウロコ」の事実が・・・。
やっぱり、自分の得意じゃないジャンルの勉強は、している様で全然やっていなかったのがよく解ります。

軍事郵便

去年、11月に東京のサンシャインで行われた企画展「軍事郵便展」の記念出版物が、このたび、日本郵趣出版から発売されました。
一昨日に、我が家にもやってまいりました。

各、軍事郵便のコレクター所蔵の軍事郵便を題材にした出版物としては、過去にも未来にもこれ以上の文献は多分出来ないであろう・・・っと、思われる良書です。
(個人の「軍事郵便」文献は、これからも出版されるでしょう・・・が、この様な文献は、これからは厳しいでしょう・・・ね・・・何せ・・・次にあんなおっきな展覧会開けるかどうか・・・・あの時は、関係者の皆様に色々とお世話になり有難うございました。m(_)m)

んでんで・・・この本↓です。

スキャン1

良い本です♪ぜひともまだ、購入されていない方は、ご購入をお勧めますΨ(`▽´)Ψ

発行元
財)日本郵趣協会
〒171-0031
東京都豊島区目白1-4-23 切手の博物館4F
TEL 03-5951-3311

<JAPEX’09>記念出版
「軍事郵便」
構成・監修 玉木淳一
定価 10500円(税込み)

です。
まだ・・・今なら・・・間に合う・・・かも?・・・ですΨ(`▽´)Ψ


今から・・・じっくり読みなおしちゃいます♪

写真週報

軍事郵便関係の写真がいっぱい載ってる当時の雑誌です。

スキャン画像1125

とある方より頂きました。
Iさん有難うございます。

今日は・・・こんだけΨ(`▽´)Ψ

«  | HOME |  »

プロフィール

324-磯風

Author:324-磯風
1972年生まれ 男
[軍事郵便]保存会・関西事務局員
趣味と酒、食、女、宇宙戦艦ヤマト、インドア生活(休日)をこよなく愛す
趣味・秘密
本業・割と堅い職業
ニックネーム?・黒い服着た悪魔
トレードマーク・Ψ(`▽´)Ψ
PC系・電気系(家電も含む)が完全に駄目な私ですが、何時まで続ける事が出来るのやら・・よろしくお願いいたします。

注意事項
このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、コピー厳禁です。

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる