FC2ブログ

2019-09

ミュンヘン協定

大阪初夏の陣収穫マテリアルゥゥゥΨ(`▽´)Ψ 特集、今回も始めちゃいましょう♪

今日のテーマは、「ミュンヘン協定」・・・っう事で、1938年に満州からチェコスロバキアのプラハに宛てた書状をご紹介しましょう♪

スキャン画像0862

差出は、ハルピン、1938年3月19日です。

領土拡張を図るナチス・ドイツは、この封書が差し出された1938年3月にはオーストリアを併合し、次なる狙いをチェコスロバキアのズデーテン地方(チェコスロバキアの西部)に定めました。
この地方はチェコスロバキアでも有数の工業地帯であり、また多くのドイツ系住民が居住していました。
ドイツは、「ドイツ系住民はチェコスロバキア政府に迫害されてる。」とのプロパガンダを行い、これらのことを口実に、ドイツはチェコスロバキアに対してズデーテン地方の割譲を求めました。

チェコスロバキアはこれを拒否し、ドイツ側は戦争も辞さないという強硬な態度をとったため、チェコスロバキアが総動員令を出すという状況となりました。

当時チェコスロバキアはフランスとは相互援助条約を結んでおり、同条約に基づいて同盟関係にあるフランスは軍動員令を出し、さらにフランスの友好国であるイギリスも軍動員令を出したが、あくまで牽制のためでしたが、そのため、ズデーテン地方をめぐる問題がヨーロッパ諸国を巻き込む大戦争に発展する危機がここに生じることとなりました。

そこで、1939年9月29日から30日にかけて、チェコスロバキアのズデーテン地方帰属問題を解決するためにドイツのミュンヘンにおいて「ミュンヘン会談」がイギリス、フランス、イタリア、ドイツの首脳が出席し、開催されました。
ドイツ系住民が多数を占めていたズデーテンのドイツ帰属を主張したアドルフ・ヒトラーに対して、イギリスおよびフランス政府は、これ以上の領土要求を行わないとの約束をヒトラーと交わす代償としてヒトラーの要求を全面的に認めることになりました。
後年になり第二次世界大戦勃発前の宥和政策の典型とされ、一般には強く批判されることが多い出来事です。

Ψ(`▽´)Ψ 以上!今回は「戦利品シリーズ」と云う事で、余り調べ物に時間をとりたくなかったので全ての文章を「ウィキ」からぱくりました。


いやぁぁ・・・・まぁぁ、年号が1938年・・・ちゅうだけ(この年代の満州からプラハ宛ての外信は、真面目な話・・・山ほど存在しているののですよねぇぇ・・・・^^;)でこれだけこじつけて使用するなんて、もはや厚かましいを通り越して芸術域まで達したのではないでしょうか??
わ・た・しΨ(`▽´)Ψ
まったまには、こんな「こじつけ」UPも良いでしょう♪
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isokaze.blog75.fc2.com/tb.php/712-c029177a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

324-磯風

Author:324-磯風
1972年生まれ 男
[軍事郵便]保存会・関西事務局員
趣味と酒、食、女、宇宙戦艦ヤマト、インドア生活(休日)をこよなく愛す
趣味・秘密
本業・割と堅い職業
ニックネーム?・黒い服着た悪魔
トレードマーク・Ψ(`▽´)Ψ
PC系・電気系(家電も含む)が完全に駄目な私ですが、何時まで続ける事が出来るのやら・・よろしくお願いいたします。

注意事項
このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、コピー厳禁です。

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる