FC2ブログ

2019-09

民間人の野戦局使用-WW1編

今日は、WW1時の民間人が野戦郵便局を使用して差し出した有料便をご紹介しましょう♪

スキャン画像0742

消印は、済南の野戦局で、ちょい印影は薄いですが日付は、大正7年5月22日となっています。台葉書は、支那加刷の分銅葉書を使用しています。
肝心の差出人は、三菱商事の派遣員です。


明日(今日)は、大阪でちょいとしたイベントが在るみたいですので、時間が出来たら顔を出してみようかと思案中です・・・・・が、最近・・・疲れが溜まって居るのか毎日が眠いです。
スポンサーサイト



コメント

民間人の野戦局使用についての疑問

 軍事郵便局はどこまで民間人の利用ができたのでしょうか?

 こう思ったのは「駐屯軍軍用郵便所」の(多分)民間人使用の
切手貼りカバーを見たからです。

 掘り下げて調べると面白い研究かもしれません。

通りがかり様

始めまして、この過疎ブログ管理人の磯風で御座います。

>軍事郵便局の民間人の利用
結構色々と当時は便宜が図られていたみたいです。

>「駐屯軍軍用郵便所」の民間人使用
これは、支那駐屯軍軍用郵便所の事でしょうか?
でしたら、当会も何通か民間人使用を所蔵しておりますよ♪

>掘り下げて調べると面白い研究
ですね、この軍事局の民間使用、結構面白いルールも存在しますので、今度、機会がありましたら特集を組む事にしましょう♪

以後また、よろしくお願いいたしますね。

そのとおり、支那駐屯軍軍用郵便所です。
ここで私が疑問に思ったのは、
「この郵便所は支那駐屯軍司令部構内にある」と
文献で見たからです。
ということは差出人はここに入ることのできる人で
なければ使用できないと思ったからです。
残念なことに手紙には中身は同封されていなかったので
状況はわかりませんが。

通りがかり様

お返事が遅れてすいません。
此処の所、チョイ私生活が「荒れて」おりまして、ここのブログも作り置きの記事UPばかりなものでして・・・・。
ハイ!言い訳です。

>「この郵便所は支那駐屯軍司令部構内にある」
多分、身分証をきちんと出せば、日本人なら結構入れたのではないでしょうか?
支那事変の初期は、割りとその辺り(野戦局の民間人の使用など)は、甘かったみたいですし・・・。(規約でも「可」でしたし。)

>手紙の中身
それは、残念ですね。

通りがかりさんのお持ちになっているマテリアル、一度機会があれば、拝見してみたいですね。

追伸

後、野戦局、軍用郵便所の民間使用は、許可制なので、その許可証か何かが在れば良かったのかも・・・・です。

うるおぼえカキコですいません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isokaze.blog75.fc2.com/tb.php/598-63634904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

324-磯風

Author:324-磯風
1972年生まれ 男
[軍事郵便]保存会・関西事務局員
趣味と酒、食、女、宇宙戦艦ヤマト、インドア生活(休日)をこよなく愛す
趣味・秘密
本業・割と堅い職業
ニックネーム?・黒い服着た悪魔
トレードマーク・Ψ(`▽´)Ψ
PC系・電気系(家電も含む)が完全に駄目な私ですが、何時まで続ける事が出来るのやら・・よろしくお願いいたします。

注意事項
このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、コピー厳禁です。

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる