FC2ブログ

2019-09

SALVED FROM THE SEA

昨日、「祝!半年も良く持ちましたΨ(`▽´)Ψ 」記念でお休みしましたので、今日は少し真面目に、やろうと思います♪

郵便物の中には不幸にして事故(海難、列車、火災など・・)あった郵便物が有り、その原因が戦争と言うものも少なからず存在しています。
今日は、その戦争関係で逓送途中に海難事故にあったカヴァーをご紹介しましょう。

昭和14年9月1日、ドイツ軍はポーランドへと侵攻(「白の場合」作戦)を開始しました。同、2日、イギリスはこれを「ドイツの暴挙」と非難、最後通牒を発しましたがドイツはこれを無視しました。3日、イギリス・フランスはドイツへ宣戦を布告、ここに第2次世界大戦が勃発しました。
日本は9月4日、中立を宣言、アメリカも同日、中立を宣言しました。

開戦により、ドイツによりイギリスの海上封鎖が行われ、今日ご紹介するカヴァーも逓送途中の船がドイツ軍の機雷により沈没した例です。

イギリス宛海難カバー
「SALVED FROM THE SEA」印

20070318120710.jpg

神戸、15年5月8日差出

日本郵船北米シアトル航路の「平安丸」にて横浜を出港、米国シアトルに揚陸後、鉄道にてカナダのバンクーバーへと運ばれ、モントリオールでイギリスの郵船「エロス」に搭載されました。「エロス」はイギリスのリバプールに向けて出港しましたが、6月7日入港直前に触雷、沈没しました。
この船は、陸地近くの触雷だったため、沈没地の水深が比較的浅く、搭載品の殆どが回収された幸運な例で、その存在数も比較的多く確認されており、当会ではこの他に、「鎮海」や「横浜」などの差出例(「釜山」や「門司」などの差出も確認されています。)を所蔵しています・・・が、如何せん、海難事故と言う性質上、切手が脱落しているカヴァーが多いのが残念です。
因みに、この頃3ヶ月間の連合国船舶の損失トン数は、約97万2千トンでした。

※「SALVED FROM THE SEA」印
この印には多数のタイプが存在していますが、上記のカヴァーに押された印は、この海難事故以外にもう一例他の海難事故に使用されたと言う記録が残っています。

・・・どうでしょう??今日は・・・割と真面目だったでしょうΨ(`▽´)Ψ ←明日からはまた・・・。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isokaze.blog75.fc2.com/tb.php/241-95cbf58c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

324-磯風

Author:324-磯風
1972年生まれ 男
[軍事郵便]保存会・関西事務局員
趣味と酒、食、女、宇宙戦艦ヤマト、インドア生活(休日)をこよなく愛す
趣味・秘密
本業・割と堅い職業
ニックネーム?・黒い服着た悪魔
トレードマーク・Ψ(`▽´)Ψ
PC系・電気系(家電も含む)が完全に駄目な私ですが、何時まで続ける事が出来るのやら・・よろしくお願いいたします。

注意事項
このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、コピー厳禁です。

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる