2016-02

陸軍工兵学校

大阪春の陣・画像のみの完全ズボラさんシリーズ。

良く考えたら、今日って・・・閏日なんですよね・・・・・。
ちぇっ一日分のブログネタが・・・・Ψ(`▽´)Ψ

そんなこんなで久々の官衙です。
千葉に在った陸軍工兵学校差出の葉書です。

img337.jpg

こんなのも磯さん好みなのですよねぇぇ・・・・。
あっ購入時の値段消すの忘れた・・・・・まぁぁいっかΨ(`▽´)Ψ
スポンサーサイト

台湾航空隊

大阪春の陣・画像のみの完全ズボラさんシリーズ。

昭和19年7月10日に編成された乙航空隊の「台湾航空隊」のアドレスを持った往復葉書の往信です。

img336.jpg

この葉書は、少し面白く、当時三重県白子に在った「第二海軍航空廠鈴鹿支廠」に実戦部隊で、台湾航空隊の高雄航空基地より航空機の拝受に訪れた隊員差出です。

まぁぁズボラさんなので、今日もこれだけΨ(`▽´)Ψ

衝動買い その2

最近・・・お金も無いのに思わず買ってしまったマテリアルさん「その2」ですΨ(`▽´)Ψ

昨日の航空書留便と同じ方からの入手品です。

マライの「新生マライ2周年・15セント」切手が貼って在るマテリアルさんです。

img334.jpgimg335.jpg

結構「ボロボロ」だったのですが、検閲ラベルと「AR」印についついつられて・・・・・。
このカヴァーの使い道を考えたら・・・・・まぁぁ・・・・完全な無駄使いですなww


明日から、何時もの「大阪春の陣・画像のみの完全ズボラさんシリーズ。」に移行しましょうΨ(`▽´)Ψ

衝動買い

当会の収集範囲から微妙にズレて居るマテリアルさんなのですが・・・・。
即売の付値を見て思わず無駄使い・・・・。

ベルギーのブリュッセル宛の航空書留便です。

img332.jpgimg333.jpg

中々派手で感じの良いカヴァーです。
これが○○○円なら誰でも手を出すと思いますが・・・・。
まぁぁ・・・・磯的には無駄使いですなw
また、東の事務局長に怒られそうな・・・・。
「もっと軍事郵便に予算を割かないか!!!」・・・・っと・・・Ψ(`▽´)Ψ

ビルマ派遣

昨日に引き続き画像のみのズボラさんです。

ビルマ派遣軍差出の無料軍事郵便で、現地調達の葉書を使用しています。
差出は、拉孟・騰越の戦いに投入された「龍」師団です。

img331.jpg

厚手の非常に上質な紙です。
部隊は、もちろん調べてません。エッヘンΨ(`▽´)Ψ


また、やっちゃいました、何も考えずにボーと書いたみたいです・・・・・。やばいなぁぁ・・・。
KAZU様のご指摘で発覚・・・・本文は訂正済みです。
自分の大叔父さんが亡くなった第56師団を間違うとは・・・・。
自分でも恥ずかしい限りです・・・・。
しかし、何で「インパール作戦」なんて書いたのでしょう・・・・あかんなぁぁ・・・。

濠北派遣

濠北派遣軍差出の無料軍事郵便です。

第五師団の「鯉」差出です。

img330.jpg

部隊は・・・省略です。
ここの所・・・・マジ忙しくて・・・・・画像のみのズボラさんですΨ(`▽´)Ψ

ちょいと面白い料金予納葉書

今日は、久々の戦時特例ものです。
海軍の特別軍事往復航空葉書を、内地で有料扱いとして料金収納印を押して「料金予納葉書」にした使用例です。

img328.jpgimg329.jpg

差出は、内地の病院です。
表に検閲印が在り、手紙の内容を見たら20年の4月以降6月までの内容だと思われます。
海軍特別軍事往復航空葉書なので、もちろん往復葉書・・・・裏面の返信部にも予納印が在る「ひらき」使用です。
葉書は、後期の薄手租紙です。

結構、こうゆう使用例が好きな磯さんだったりします。

台湾以外

ここ数日UPしている比島あての軍事郵便で、同じ出所の陸軍特別軍事航空往復葉書の台湾差出以外の使用例です。
出所は、米国で、同じロットの中に入ってました。

img327.jpg

私が軍事郵便を収集し始めた頃は、まだこの特別軍事航空往復葉書は、陸軍、海軍、共に非常に少ないものでしたが、ここの所出物が非常に増えて来た様に思います。
(当時の押収品の里帰りに因る。)
終戦、70年を向かえ当時の方々の高齢化によるものと考えています。
当会も微力ながらそんな押収品を、一点でも多く里帰りさせてあげたく奔走中・・・・・です。
これに関しては、理屈では無いのです。
今の私たちが在るのは、あの戦争で無くなられた沢山の方々の上に成り立って居るのだと、心から考えて居るからです。

今日もおふざけ無しです。
合唱・・・・。

比島憲兵隊

昨日と同じ出所の陸軍特別軍事航空往復葉書の使用例です。

差出も台湾の台南です。

img326.jpg

この出所の山、今回は7通纏めて入手しましたが、何故か台湾差出の軍事郵便が5点・・・・・。
どうして、昔からこのタイプの「宛」軍事郵便は、台湾発のものが多く残っているのでしょう??
不思議です。
因みに、この軍事郵便も水濡れの跡が・・・・・。


今日も、おふざけ無しで、合唱・・・・です。

おっしいなぁぁぁ・・・

今日は、残念賞の軍事郵便です。
台湾から比島派遣軍宛の陸軍特別軍事航空往復葉書です。
・・・・が!多分5厘切手が一枚脱落しています。

img325.jpg

差出も、台湾の宣蘭やし・・・・南背紙質が「比島茶紙」の一族やし・・・・・。
消印も非常に綺麗なのに・・・・・。
本当におしい娘さんです。
・・・・・が、出所を考えると・・・・。
ほぼ間違い無しに米軍の押収品でしょう・・・・・。
切手の脱落も納得いきます。



合唱・・・・・です。

関東

印影さんです。
日露戦争時の「関東」の無料軍事郵便です。
当会にしては珍しく綺麗な印影です。

img324.jpg

とりあえず、ここの所サボってたので、画像だけのズボラさんΨ(`▽´)Ψ

初期の記入方法

太平洋戦争開戦初期の陸軍軍事郵便の記入例です。

初期の無料軍事郵便です。
「南方派遣」となっています。
この後、各「○○派遣」と地名(方面)を入れた記入方法に代わります。

img323.jpg

まぁぁ・・・・太平洋戦争軍事郵便の基本中の基本なんですが、そう言えば、今までこんな事このブログでUPした事無かった様な・・・・。
確か、この事は、基本中の基本扱いなのか、過去のどの文献でも解説していませんでした・・・・汗
色々、今日、調べてみたのですが・・・・。
案外、灯台元暗しなんですよねぇぇ・・・・この分野って・・・・・Ψ(`▽´)Ψ



I様へ私信。
了解です。
有難うございます。
楽しみにしていますね♪

台湾 內垵

うっすぅぅぅい印影ですが、台湾の澎湖群島に在った漁翁島で使用された無料軍事郵便です。
使用局は「內垵」と云う局で、結構珍しい部類の印影です。
(本当は、もっと綺麗でシャープな印影をお見せしたいのですが・・・・如何せん貧乏当会、このクラスの印影購入でゼイゼイ言っておりまして・・・・・・汗。)

img319.jpgimg320.jpg

現在確認されているこの局引受の軍事郵便は、上記の部隊差出ばかりみたいです。
しかし・・・・こうして見ると・・・ホンマに見難い印影ですねΨ(`▽´)Ψ

陸軍省発行

陸軍特別往復航空軍事葉書の銘版が、初期のものだけに存在する「陸軍省発行」銘の軍事郵便葉書往片です。

img322.jpg

この葉書・・・・何故かビルマ派遣軍使用がダントツに多く・・・・ついでマライ派遣軍使用でして・・・・。
まぁぁ・・・・あんまり重要な所では無いのですが・・・・ねΨ(`▽´)Ψ
一応・・・派遣軍別使用例を、今更ながら調べてみたりしているのですw

天津宛

大東亜共栄圏10銭切手の外信使用です。

天津宛です。

img321.jpg

西淀川、昭和20年3月20日引受。
差出人の国籍は、スイス人です。

結構、磯さん好みのべっぴんさんですΨ(`▽´)Ψ

第七/艦船郵便所

日露戦争時の海軍艦船郵便所の印影が乗っている無料軍事郵便です。

「第七/艦船郵便所」です。

img318.jpg

差出は、旅順港工作廠造船部です。
「軍事郵便」の印が中々磯さん好みなのですよねΨ(`▽´)Ψ

番薯○

台湾の地名です。
日本のPCで調べても漢字が出て来ません。

まぁぁ・・・・百聞は・・・・・です。
「番薯○」差出の無料軍事郵便です。

img317.jpg

読み方は、有名なのですが・・・・・ねΨ(`▽´)Ψ

クサイへの年賀状

第一次大戦中にトラックからクサイに差し出された無料軍事郵便の年賀状です。

img316.jpg

この宛先人の田丸軍医さんは、クサイ差出の無料軍事郵便も数点確認されています。
やっぱり・・・・クサイは少ないですね。
今日は、こんだけΨ(`▽´)Ψ

大連港停泊陸軍御用船「久保丸」

大連港に停泊中の陸軍御用船差出の無料軍事郵便です。
「遼東守備軍/第一野戦局/甲」の印影が在ります。
この局は、第一野戦局「大連」の分局で、大連海岸に在りました。
(印影がめちゃ薄だから当会にお嫁に来てくれたんですから、そこは突っ込んじゃだめですよんΨ(`▽´)Ψ)
差出は、この時陸軍に徴用されていた田中汽船の「久保丸」です。

img314.jpgimg315.jpg

この軍事郵便が入っていたOPPに付いてる値段見たら、500円でした・・・・。
まぁぁ・・・貧乏当会の出せる値段は、こんなものです(><)
なんせ当会・・・・古い時代の戦争・・・・弱いのです。
(一次大戦以降で、いっぱい、いっぱいだとも言えます。)
あーあ・・・・もっと潤沢に資金が使えたらなぁぁ・・・・・遠い目・・・・。
欲しいアイテムをあげたら本当にキリが在りません(@@)

台湾・澎湖より遼東兵站への無料軍事郵便

台湾の澎湖島に在った、海軍要港部より大連に在った遼東兵站(陸軍)に宛てられた無料軍事郵便です。
磯さんが好きな「部隊-部隊間」です。
しかも、陸軍と海軍間の・・・・・Ψ(`▽´)Ψ
あやしぃぃぃいマニアにはたまらない「ツボ」だったりします。

img312.jpgimg313.jpg

日露戦争は、磯が一番弱い所でして・・・・・。
真っ当なコレクター乱立の隙間をチョロチョロと・・・・・。
やっと、手に入るアイテムがこのクラスでして・・・・・。
印影も良くて素性の良い無料軍事郵便は夢また夢なんですよね・・・・・。
あっ因みに明日も、そんなチョロチョロで手に入れた日露系のアイテムですΨ(`▽´)Ψ

岩畔機関-ビルマ派遣軍

ビルマ派遣軍の野戦局(気付)を使用して送られた岩畔機関差出の無料軍事郵便です。
確かこのブログ初期の頃(2007年)にご紹介した岩畔機関差出の無料軍事郵便は、泰派遣軍が気付のアドレスになっていました。
まぁぁ・・・・この辺りをUPするのは久しぶりですね。

img311.jpg

差出アドレスは、昨日の(偶然ですよ・・・・偶然・・・・)ビルマ派遣軍、第三百野戦局気付となっています。
「岩畔機関」につきましては、他HPか、ウィキ丸パクリの当会2007年の記事を参考にしてくださいΨ(`▽´)Ψ

このブログ始めた頃は、よく市場で見かけた軍事郵便なのですが、最近はめったに見かけなくなりました・・・この「岩畔機関」・・・。

第三百野戦

公約通り、今日からは通常版のズボラさんΨ(`▽´)Ψ。

今日は、第三百野戦局引受の無料公用書留軍事郵便です。

img310.jpg

第三百野戦局引受で、ラングーンです。
宛先は、有名なコレクターですね♪
何故か付いてる陸軍省マークがキュートな逸品です。
差出部隊は、ビルマ派遣軍・・・・・面倒だから調べるの止めました・・・・今日Ψ(`▽´)Ψ
割と美人さんだなぁぁ・・・・・っと、見入ってしまう娘さんですね♪

日本陸軍便覧

今日で、一応一区切りにしまセウ。
今日のは、郵便的には関係の無い文献なのですが・・・・。

「日本軍便覧 米陸軍省テクニカル・マニュアル:1944 米陸軍省=編」の日本語訳版です。

img309.jpg

1998年発行。
モノクロ・402P。
米陸軍省、編、菅原 完、訳。
発行、光人社。

米軍がサイパン島攻略前に極秘裏に製作して軍の上層部、実働部隊の上層部などに配布された資料の日本語訳です。
なぜ、当会がこの文献を所有しているかと言いますと、この資料が製作されるに当たって、米軍は、日本人の捕虜への尋問などの他に、玉砕した部隊から押収した資料、戦地で戦病死した日本将兵より押収した私物や手紙などを参考にしているからです。
欧米方面より里帰りする「軍事郵便」は、四つ折に綺麗に折りたたまれた跡が在るものが多く、それに押収印が押された物も多く・・・。
この本を、読んでいると、向こうも必死だったのは判るのですが・・・何故か居たたまれない気持ちに成るのです。


明日からは、また、通常版のズボラさんに戻しますΨ(`▽´)Ψ

戦争と郵便

文献が崩れたついでになんたらうんたら・・・っと、文献紹介です。

「戦争と郵便 1941-1949」(JAPEX記念出版)です。

img308.jpg

1995年出版。
図版構成、田辺 猛。
解説、片山七三雄。
ほぼオールカラー・207P。
日本郵趣協会、発行。

色々と曰く付きのほんですが・・・・。
なんやかんやと4~5冊持っている本です。

もう・・・20年以上前の本なのですね。

中の「空襲警報発令訓練中の為、速達遅延」付箋の付いた葉書・・・・僕に下さいm(_)m
片山先生・・・・・・。
あっ名前出したらマズイか・・・・K先生Ψ(`▽´)Ψ

外国郵便の一世紀

文献の平積みが崩れたついでに、日本の文献もΨ(`▽´)Ψ

「外国郵便の一世紀」という文献です。
結構古い文献ですが基本文献として放せません。
非常に良書です。(頭の悪い磯さんにとっては、バイブルです。Ψ(`▽´)Ψ)

img307.jpg

昭和54年発行。
山口 修 著。
モノクロ・325P+年表。
国際通信文化協会発行。

でも・・・・この方の文献・・・どれも、中々市場に出て来ないのが玉に瑕・・・(><)。

これは割りと使っています。

昨日に引き続き、海外の文献です。

この文献は、割りに使用しています。
第二次大戦中のドイツ軍事検閲の専門書です。

img306.jpg

2007年発行。
モノクロ・452P(割と枕・・・です。)

ドイツの検閲が何処で行われたか、一目瞭然に判る非常にコストパフォーマンが良い文献です。
好きなのですよねぇぇ・・・・こんな文献がw

何をトチ狂ったのか・・・。

まぁぁ・・・・第二次世界大戦の発端と云う云々で所有しています。

「1939年のポーランド軍事郵便と検閲郵便」(磯のチョー訳Ψ(`▽´)Ψ)です。

img305.jpg

2009年発行。
オールカラー・128P
基本・・・ポーランド語で書かれた文献です。
アホ磯さん・・・・全然読めませんΨ(`▽´)Ψ
図版だけ見て楽しんでいます。

某日本のポーランド収集の大家に分けて頂きました・・・「磯ぉぉぉこんなの好きでしょう?」っと、格安でΨ(`▽´)Ψ
うん!字は読めませんが大好きな文献です♪

このまま明日も文献おば・・・・・Ψ(`▽´)Ψ
(決して平積みしていた本が崩れて、最近見ていなかった文献が姿見せた・・・・なんて・・・・ね。テヘ!何時もの事ですΨ(`▽´)Ψ)

料額印面が販売値の半分と云うぼったくり切手

を、貼った書留便が届きました。
そう!先日発売された、ふざけた高額切手です。
今日、届いたのはその小型シートを切り抜いた切手を使用した実逓便です。

img303.jpg

これは、その封筒の一部です。
その中身は・・・・。
先ずは、この封筒をお送り頂いたお方のコレクションのコピー集。
んでんで・・・・・なんと!コレ↓が同封されていましたΨ(`▽´)Ψ

img304.jpg

第35臨時局で引き受けられた、連合艦隊司令長官時代の山本五十六の名詞封筒です。
福崎副官の検閲印が付いた真っ当な使用例です。
(先日ご紹介した「軍事郵便」使用の封筒と同型の名詞封筒ですね。)
宛先人は、当時の国民学校の生徒さん宛で、山本長官宛の慰問手紙の礼状です。

先日、似た様な奴をUPしたらお仲間のエンタが・・・・。
「進呈」・・・・・っと・・・・。
いやぁぁ・・・・。
実はこれ・・・かれこれ十数年前に大阪のオークションで磯が敗退したマテリアルさんでして・・・・。
これを送って下さった持ち主さんに、
「あれ・・・高かったでしょう??」とお聞きしたら・・・・。
「まぁぁ・・・・・・ね。」
でした・・・・。

ざぁぁっす!!(><)
本当に有難うございました。
大事にしますね。

コピー集も重要な資料として活用させて頂きますね♪

年賀郵便の歴史

今日は、文献のご紹介です。

img302.jpg

年賀郵便の歴史。
オールカラー、140P
吉田 敬 著
無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社 発行
定価、3980円(税別)

基本切手展に出品されたコレクション集なのですが、ダブルリーフはそのまま綴じ込み形式で製本された非常に凝った内容の本です。
なぜ、当会のブログにご紹介させて頂いて居るかと申しますと・・・・。
所々に軍事郵便や軍隊差出の年賀状が・・・・ジュル。
あと・・・・著者贈呈!で頂きましたm(_)m
      ↑ココ!非常に重要(><)
吉田様、何時も有難うございます。

«  | HOME |  »

プロフィール

324-磯風

Author:324-磯風
1972年生まれ 男
軍事郵便保存会・関西事務局員
趣味と酒、食、女、宇宙戦艦ヤマト、インドア生活(休日)をこよなく愛す
趣味・秘密
本業・割と堅い職業
ニックネーム?・黒い服着た悪魔
トレードマーク・Ψ(`▽´)Ψ
PC系・電気系(家電も含む)が完全に駄目な私ですが、何時まで続ける事が出来るのやら・・よろしくお願いいたします。

注意事項
このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、コピー厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する