2010-04

通信院検閲

昨日、逓信省検閲の本当に初期段階の「ネタ」をやりましたので、今日は末期、そう、逓信省から通信院に組織変更してからの検閲された郵便です。

スキャン10002

消印は、戦時特例の料金別納郵便です。
差出人の日付けは、昭和20年7月16日です。
宛先の満州はもう逓送出来ない地域になっており、逓送困難印が押されています。
差出局は・・・・まぁぁ・・・ねぇぇぇ・・・Ψ(`▽´)Ψ


あっ・・・明日から・・・怒涛の5月だぁぁ(TT)。
人生・・・一度でよいから「5月病」・・・・経験してみたいっす(><)。
まっ「戦って・・・死にましょうか?城を枕に討ち死にじゃぁぁ!!」って、ダメダメじゃんΨ(`▽´)Ψ
スポンサーサイト

「検閲官ニヨル開封ハ承認ス」(CENSOR MAY OPEN)

久々に「郵便に見る戦争」シリーズです。
(ここで、毎度の如く何時シリーズ化したんだ!?っと、言う野暮な突込みはなしですぜΨ(`▽´)Ψ )

「検閲官ニヨル開封ハ承認ス」(CENSOR MAY OPEN)印の在る国内の一種便(一般封書)です。

スキャン1スキャン10001

神戸のフランス郵船から、横浜に在った印度支那銀行へ宛てられています。
差出は、神戸中央、昭和16年9月4日です。
確か・・・日本の一般郵便物に対する逓信省の「臨時郵便物取締令」の施行は、同年10月3日からだったので、この時期は、まだまだ日本国内の郵便は大丈夫だったはずなのですが・・・・。
当時の外国(特に欧米では、この時期はもう検閲は当たり前でしたから・・・。)の郵便検閲に対する認識の違いがありありとするマテリアルさんです。

ボルネオ派遣

ボルネオ派遣軍差出の無料軍事郵便です。

スキャン10003

差出部隊は、岡第10303部隊で、第7方面軍司令部、第28飛行教導隊です。
まぁぁぁ・・・今日は、こんだけΨ(`▽´)Ψ

日露戦争初期の「八雲」

日露戦争初期の「八雲」差出の無料軍事郵便です。

スキャン10001スキャン10002

引受は、佐世保で明治37年3月3日ですが、差出は2月29日(閏)となってます。
非常に日露戦争初期の海軍関係のマテリアルですね。
手紙の内容も興味深いので、一部をUPしておきますね。

スキャン1

貴重な資料ですよね。

第九海軍軍用郵便所

昨日に引き続き印影シリーズです。

第九海軍軍用郵便所引受の無料軍事郵便です。

スキャン10001

差出は九江基地隊です。
第一~第九までの海軍軍用郵便所の中では、開局期間が約一年と一番短い局なのですが、この九江基地隊が在ったせいか、結構沢山使用例が残っています。(もっと開局期間が長いのに使用例が少ない局も多いのに・・・汗。)
なんで、第六(漢江)海軍軍用郵便所に吸収されて、第一派出所扱いになっちゃったのか・・・?
やっぱ・・・九江が、漢江に近いからでしょう・・・・か?
あっ差出の日付けは、昭和15年10月8日です。


熱はやっとさがり、鼻水も止まり・・・今日から復帰です。
A(f)先生、補給物資有難うございましたm(_)m

第八海軍軍用郵便所

印影シリーズです。

海南島に在った海軍軍用郵便所からの有料航空軍事郵便です。

スキャン1

差出人のアドレスは、台湾高雄局気付、隼、第9933部隊で、航空軍事郵便独特のアドレスで、しかも陸軍部隊が使用しています。 
使用部隊は、第七飛行場中隊です。
差出日付は、昭和15年12月30日です。
海南島に展開した陸軍部隊が、航空便を使用した時に現れるちょっと面白い使用例です。

陸軍航空廠各務原支廠浜松分廠

陸軍の航空廠からの公用便です。
陸軍航空廠各務原支廠浜松分廠差出です。

スキャン10001

分廠まで、こんなに細かくアドレスが在るのは面白い例ですね。
浜松、昭和16年6月5日差出です。


風邪をひいたみたいです。
喉が痛く咳が止まりません・・・・普段、これでもかと元気なので、一旦沈むと中々復活出来ません(TT)。

話は変わり、昨日から、東の京で同時開催されている全日展とスタンプショウ・・・行きたいなぁぁ。
今年は、聞く所によると、作品のレベルが非常に高いらしいので・・・。
しかし、如何せん体調と軍資金・・・・そして、時間が全然とれないぐらいのハードスケジュール・・・。
「トンキン」出張組みさんが、思いっきり羨ましいですなぁぁぁ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・呪ってやるΨ(`▽´)Ψ

鳥羽商船学校

終戦間際の商船学校差出の葉書です。

スキャン1

鳥羽、昭和20年4月3日差出。
商船学校の生徒は、卒業すると、海軍の仕官待遇で徴兵されました。
まったまにはジャンルお隣さん違いのUPも良いでしょう♪

渡宣伝班

戦地製作の軍事郵便絵葉書です。
カラーの印刷です。

スキャン10001スキャン1

無料軍事郵便の使用例です。
差出部隊は、比島派遣、幸5742部隊で、中支派遣から南方に転用された第3師団です。

楚山

印影シリーズです。

スキャン1

楚山の消印の在る無料軍事郵便です。
差出日は、昭和12年6月16日で、満州に展開していた部隊差出です。


簡単なズボラさんUPです。
五月の中旬までこんなUPが続きます。
現在・・・公私共に修羅場、爆走中です。
でもなぁぁ・・・5月の末には、大阪初夏の陣が有るし・・・6月の頭は、広島戦争パート云々が・・・。
全然休みがとれない日々が続きます(@@)
はっきり言って、今年の秋まで予定の手帳が、ビッシリ!真っ黒だったりするのですよね・・・今年の私。
何時もなら真っ白のブランカさんなんですが・・・・遠い目・・・・。
でも・・・忙しいだけで、財布は反対にやせ細って行くんだよなぁぁぁ・・・(TT)

いやぁぁぁ・・・久々の「ポンミス」です。
東の事務局長からの突っ込みで気づきました・・・汗。
まぁぁぁぁ・・・そんなもんです。
記事は、訂正済みです。AM4:30

書留配達証明

海軍省経理局差出の書留配達証明便です。
印影の所はボロボロですが、大本営内局の料金収納印が押されています。

スキャン10001

滅茶苦茶縦長の封筒なので、スキャンが途中で切れてしまい完全な画像ではありません。

内容は、陸攻で戦死された遺族に一時賜金が贈られたものです。
今日も、合掌です。

ぺりリュー島宛て

ペリリュー島宛ての有料軍事郵便です。
この島宛ての郵便物のご紹介は、確か・・・始めてのはずです。

スキャン1

差出は、呉、昭和19年5月12日です。
差出人のアドレスは、呉海軍施設部からです。
宛先人のアドレスは、横須賀局気付ウ40ウ47で、ペリリュー島、第30根拠地隊です。
この郵便物は、島が玉砕する約5ヶ月前に差出されたものです。
出所・・・品物の状態・・・完全に押収品です。


サクラが散る時期なので、この使用例を持って来ました。
・・・・・・・・合掌。

駆逐艦「水無月」

久しぶりの磯さんが大好きな海軍艦艇さんです。
しかも!駆逐艦です(><)。

睦月型駆逐艦の6番艦「水無月」差出の特別海軍航空軍事葉書です。

スキャン1

気付は、横須賀局です。
大戦時には船団護衛に奔走した彼女でしたが、艦齢的には結構、おばぁちゃんだった駆逐艦です。

昭和19年6月6日、ダバオから給油船「興川丸」を護衛の途中、ダバオ南東海上でアメリカ軍の潜水艦「ハーダー」(SS-257)の雷撃を受け、亡失しました。

水交社

海軍関係で、「水交社」気付になっている郵便物です。

1876年(明治9年)3月21日に海軍省の外郭団体として創設された日本海軍将校の親睦・研究団体で、名称の由来は『荘子』の「君子之交淡若水」から採用命名されました。総裁は海軍将官の現役皇族、社長は現任海軍大臣の兼務でした。
海軍士官専用の旅館や喫茶店なども経営し、会員と施設利用は海軍士官・高等文官・士官候補生などの海軍幹部関係者に限定されていました。
水交社自体は太平洋戦争敗戦後に消滅しましたが、昭和27年に財団法人水交会として復活しています。

以上↑ウィキから文章まるパクリΨ(`▽´)Ψ

スキャン1スキャン10001

まぁぁぁ・・・見た目は普通の封書ですが、案外、この水交社気付になっている海軍軍人さんの手紙が多いので、要注意でいつもチェックなのです。

いやぁぁ・・ウィキから文章まるパクリすると結構、記事がかせげますね。←相変わらずの他力本願の磯さんでしたΨ(`▽´)Ψ

鳳翔艦

明治十年の鳳翔艦からの手紙です。

西南戦争に動員されていた時期の手紙です。

スキャン10002

差出は、横浜で、引受日は、(明治10年)5月21日で、艦艇も横浜港停泊とありますが、この手紙は山口で書かれています。

出動兵

今日は、支那事変で、初期動員された兵隊さんからの葉書です。

スキャン1スキャン10001

姫路、昭和12年7月31日差出です。

因みにこの事変での無料軍事郵便の適用は、同年の8月2日からでした。
今日も・・・こんだけΨ(`▽´)Ψ

東京日日新聞従軍記者托便

従軍記者が運んだ無料軍事郵便です。

スキャン10001スキャン10002

戦地発と戦地宛てが存在します。
このパターンは戦地発のバージョンです。

こまかいルール、説明は省略しちゃいますね。
最近・・・睡眠不足でして・・・・Ψ(`▽´)Ψ

本当の・・・

ズボラさんです。

スキャン1

久々にやりました・・・・リーフそのまんまUPΨ(`▽´)Ψ
たま?には・・・良いでしょうw
あぁぁぁぁ・・・また、怒られるだろう・・・なぁぁぁぁ・・・・。

ビルマ派遣軍宛て

戦地宛の有料軍事郵便の封書です。

ビルマ派遣軍宛てです。

スキャン1

山形・舟形、昭和19年6月25日差出。
ビルマ派遣、林5259部隊宛てです。
独立自動車第59大隊です。


桜が綺麗な夜です。
また・・・・飲みすぎちゃいました・・・。
パラパラ散る桜を観る度に、自分は、日本人だなぁぁぁ・・・と・・・・。
コップ酒に落ちた花びらが、私を陶酔の世界へ案内してくれたみたいです。
桜は余り元々好きではなかったのですが、ここ数年は、街の桜が大好きに変わりました。
これも・・・歳を重ねたという事でしょうか?

春の夜の、一夜の夢・・・・も、中々ですねΨ(`▽´)Ψ

陸軍航空本部

久々・・・うんぬん・・・最近、言ってましたら、官衙をやりたくなっちゃいましたΨ(`▽´)Ψ
つぅぅぅー事で、陸軍航空本部差出の公用書留便です。

スキャン10001スキャン10002

大本営内、昭和19年6月29日差出。


・・・まっ、今日は、そんだけΨ(`▽´)Ψ

有難う御座います。

今日は、お礼を兼ねてのUPです。

何時も、当会に色々ご寄贈頂いておりますS氏から今日も良品のマテリアルをご寄贈頂きまいたm(_)m。
本当に、有難う御座います。
今回、ご寄贈頂いたのは、当会の弱い、満州のマテリアルさんです。

スキャン1

満州からの有料航空軍事郵便です。
奉天中央、康徳8年9月11日差出。
航空料金39分です。
「通郵」切手の使用例がとてもキュートです♪

いつもいつも、本当に有難う御座いますm(_)m。
あーんど、大事にいたしますね。

イ216

久々に海軍さんの無料軍事郵便です。
所在地・部隊区別符の部隊区別符です。

スキャン1

長崎県川棚郵便局気付イ216で、川棚突撃隊です。
このアドレスが使われ始めたのは、昭和20年の7月後半です。

記念印

陸軍の南京陥落記念の記念印です。
この印が載った無料軍事郵便も、時々見かけます。

スキャン1

宛先が佐世保局気付の駆逐艦「白雪」と云うのもお気に入りだったりします。
局は、上海野戦郵便局です。

涙無しでは語れません・・・。

こんな例のアドレス表記の軍事郵便も、割りと多いのです。

スキャン10001

軍艦○○・・・・うーん・・・まったく軍艦名がわかりません。
時期特定も出来ません。
解らない事尽くしです(TT)。

今日は、酩酊中です・・・・記事も酩酊ですね・・・・Ψ(`▽´)Ψ

第16師団

陸軍の封書の無料軍事郵便です。
フィリピンの第16師団からの軍事郵便です。
太平洋戦争が勃発後、陸軍の封書軍事郵便逓送は、許可制になり、数が少なくなりました・・・が、なぜか比島(フィリピン)は、非常に多く残っています。

スキャン10004

比島派遣、垣第6558部隊差出。
野砲第22連隊です。

あっ表をスキャン・・・忘れた・・・まっ良いか・・・Ψ(`▽´)Ψ

沖縄県銘入り

今日は、珍しく「郵便史?(マルコフィリー)」的な観点から見た軍事郵便です。

沖縄の部隊差出の有料軍事郵便です。
押されている印影の「C欄」(一番下の欄)に注目です。
沖縄では、19年の終わり頃から使用開始された県名入りの櫛型印です。

スキャン10002

この印は不鮮明な使用例が多く、使用例も沖縄戦開始後は必然的に、無くなりますから余り無い(それでもみかけますが・・・)らしいです。

那覇、昭和20年2月26日差出
那覇局気付、球第5753部隊で、第27野戦防疫給水部です。
結構、末期の使用例(県名入り)と軍事郵便の組み合わせだと思うのですが・・・。

済南事変

当会でのご紹介が非常に少ない事変です。
済南事変関係のマテリアルです。
まぁぁぁ・・・・正直言いまして、当会の弱い分野です。

済南事変の時期の天津に、駐屯していた陸軍部隊からの差出の中国葉書です。

スキャン1スキャン10001

天津、民国28(昭和3)年7月23日差出。

内容は、帰国の報告です。

久々に・・・・。

日清戦争の時の、台湾の野戦局です。

第十二台湾郵便局差出の公用無料軍事郵便です。

スキャン1

状態の非常に綺麗なマテリアルさんです。
この一族の公用便は、磯さんのモロの好みなのです・・・・Ψ(`▽´)Ψ
差出日は、明治29年3月25日で、印影としては、便号のところが潰れているタイプです。
局は、鳳山です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんですが・・・。
このマテリアル・・・最近、購入したものなのですが・・・。
実は・・・・大チョンボした奴だったのです・・・・・・・・・・(><)。
何を大チョンボしたのかは・・・・こっぱずかしくてここでは書けないので、秘密ですが・・・・業務上過失に因る人身・・・みたいなもんですわ・・・(TT)。
まっ・・・物は良い物で、物には罪は無いのですが・・・・。
・・・・・・・東の鬼の事務局長には、怒る気力さえ、無くさせる様なチョンボを・・・・・・Ψ(`▽´)Ψ
毎度の如く、アホな磯さんでした。

従軍僧

従軍僧差出の無料軍事郵便です。

スキャン10002

支那事変中は、僧侶も軍属として従軍し、軍事郵便も軍属扱いで無料で差出す事が出来ました。
この従軍僧も太平洋戦争が勃発すると、兵士として召集されました。

従軍僧からの無料軍事郵便は、以前にも紹介しましたが、最近、忘れきった箱を発見!中をゴソゴソしていたら今日のマテリアルが出現した次第です・・・・汗^^;)

第十二師団/第二野戦局

久々に日露戦争ものです。

日露戦争初期の無料軍事郵便です。

スキャン10001

第十二師団/第二野戦局、明治37年2月23日差出
極々初期の無料軍事郵便に属する一族です。
差出部隊は、京城・明洞に展開していた歩兵第24連隊です。


«  | HOME |  »

プロフィール

324-磯風

Author:324-磯風
1972年生まれ 男
軍事郵便保存会・関西事務局員
趣味と酒、食、女、宇宙戦艦ヤマト、インドア生活(休日)をこよなく愛す
趣味・秘密
本業・割と堅い職業
ニックネーム?・黒い服着た悪魔
トレードマーク・Ψ(`▽´)Ψ
PC系・電気系(家電も含む)が完全に駄目な私ですが、何時まで続ける事が出来るのやら・・よろしくお願いいたします。

注意事項
このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、コピー厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する