2009-04

穿孔の話題・・・続き

海軍穿孔の使用例で、もう一つ面白いのを見つけました。

2銭楠公葉書の海軍穿孔の速達使用です。
速達用の加貼切手も穿孔が入ってます。

スキャン10001

浦賀の海軍監督官事務所から東京の海軍監督官事務所に宛てた速達葉書です。
残念ながら消印の状態が判りませんが、多分浦賀、昭和19年6月25日の差出と、他の情報から推測出来る葉書ですΨ(`▽´)Ψ
スポンサーサイト

佐世保の海軍穿孔

海軍の郵便物(公の)を見ていますと、たまに「碇」の穿孔を施した切手を貼って在る郵便物が在りますが、この穿孔切手、使う機関事に使用申請を出して許可を貰っていたので、海軍の場合色々なタイプが存在します。
大抵は、ただの碇型のタイプ違いなのですが、今日ご紹介する佐世保だけは、碇の頭に「サセ」とカタカナが乗った少し変わったタイプの穿孔を使用していました。

スキャン1

見えにくいですが、佐世保、昭和18年2月22日差出の書留便で、貼って在る切手すべてが佐世保の海軍穿孔です。
差出の官衙も、佐世保海軍施設部で、海軍の公用封筒を使用しています。


まぁぁぁ・・・あんまし、珍しいものでは無いですが、変り種っちゅう事で今日は持って来てみました♪

上海憲兵隊

まぁぁぁ・・・読んで字の如し・・・・。
陸軍の上海憲兵隊差出の無料軍事郵便です。

スキャン画像1249

今日は、こんだけΨ(`▽´)Ψ

米軍騎兵第五連隊日本人宿舎

最近、戦後すぐ系・・・進駐軍関係のUPが多いのは、PCの近くに戦後モノが結構入った箱が有るなんて・・・・・皆さまも薄々感づいて・・・・Ψ(`▽´)Ψ
あっ待てよ・・・・これって、言わなきゃばれなかったのかにゃ??
否!、人間、正直が一番!磯さんは、正直なのれす♪

さて、何時ものざわ言は置いといて、本題です。
進駐軍、米軍騎兵第五連隊の日本人使役者の宿舎差出の葉書です。

スキャン画像1248

差出し局は、残念ながら潰れて読めません(何時もの様に、心の目でみれば・・・・Ψ(`▽´)Ψ )。
昭和22年1月18日差出しです・・・・印影は鮮明なのですが・・・ね♪
戦後の日本の歴史の1ページみたいな葉書なので、割とお気に入りな使用例です。

満州国の通郵切手

久々に満州関連の手紙です。
磯さん家(ち)は、本当に満州が弱いっす(><)。

まっそんな事務的な言い訳は置いておいてw
満州国が中国に対して郵便物を差し出す時、中国は満州国を認めていませんでしたので、「満州国」銘が入った切手を貼られた郵便物は、切手を無効扱いとして不足料金を徴収(張替え)する対策をとりました。
満州国は、これに対して「満州国」銘の切手と平行に「満州国」銘が入らない「通郵」銘の切手を対外的に発行しました。

天津宛の封書です。

スキャン10001スキャン10002

1936(昭和11、康徳3)年7月7日、ハルピン差出です。


あっ因みに、「ながら」で収集しているジャンルなので、もちろん「通郵」切手の初期使用なんかは持ってませんΨ(`▽´)Ψ えっへん。
中国と満州は、本当に難しいです(TT)。

日清戦争戦地宛

雑品箱をゴソゴソしていたら出て来ましたΨ(`▽´)Ψ
いつもながら・・・・・何時購入したのか思い出せません・・・・汗。

日清戦争時に戦地の朝鮮に宛てた封書です。
宛先人さんは、軍医さんです。
実は、この方、「野戦郵便局」印の載った兄弟カヴァーが沢山出回っている方で、日清戦争開戦初期から戦地に派遣されていた方なのです。

スキャン画像1247

広島 明治27年10月12日差出
第六野戦郵便局 同11月2日到着

緊急告知

緊急告知
です。
まぁぁ・・・・・もう、約1月前から原稿貰ってたのですが・・・忘れてて「緊急告知」にしてる事は、秘密です。Ψ(`▽´)Ψ

今日から東京の浅草で開催される「スタンプショウ09」に当会の鬼の事務局長特製!恒例の「太平洋戦争」シリーズが、展示されます。
詳しくは、http://yushu.or.jp/event/s_show09/index.htmlをご参照下さいm(_)m
スキャン1
いやぁぁ・・・・ヤヴァイヤヴァイ・・・Ψ(`▽´)Ψ

横須賀海軍基地司令官歓送迎会

在日米軍関係のマテリアルです。
(正確には・・・時代的に進駐軍Ψ(`▽´)Ψ )

スキャン画像1246

お手製の版画タイプの記念絵葉書です。
これ↑見て「う!」っと唸ったそこの貴方!!貴方は立派な葉書オタさんですΨ(`▽´)Ψ
もちろん・・・未使用です・・・・汗。
こんな、版画をしなければ・・・・カタログ値・・・1万円の葉書(上の2枚のセットね)やったのに・・・・・ねΨ(`▽´)Ψ
因みに、これはもう、未使用の価値は無いので、@300円に降格なんですなぁぁぁ・・・。
まっ磯さんの所にやって来る奴らはみーんなこんな感じなのですが・・・・(爆w。

マッカーサー元帥

マッカーサー元帥に宛てた嘆願書を送った速達便です。

スキャン画像1245

和歌浦 昭和21年10月25日差出。
連合軍の「菱形」検閲印が、押して在ります。
まぁぁ・・・№は、一番ありふれた「1001」ですが、速達便なのが気に入っているアイテムです。

昭和7年の年賀状

満州事変後の年賀状です。
事変中、6年の秋以降、年内の取り扱いの無料軍事郵便は、割と少なく感じるのですが、7年の年賀状から爆発的に使用例が増えるのは、何故?だったのでしょう??
ほんっとに、多岐にわたった使用例が在りますよね♪昭和7年の年賀状・・・。

スキャン画像1240スキャン画像1241

公主嶺、昭和7年1月1日引き受け(年賀特例)の無料軍事郵便です。
差出し部隊は、公主嶺の独立守備隊です。

年賀状の文面が、時代を凄く表していると思います。

和歌浦/和歌山

第一次世界大戦中、和歌山県・和歌浦局引き受けの海軍無料軍事郵便のご紹介です。

スキャン画像1244

和歌浦/和歌山、大正3年11月8日引き受け。
差出は第一艦隊所属の駆逐艦「初霜」です。

いやぁぁぁ・・・変な局で引き受けてますよね。
一応、連合艦隊所属の艦は、内地にいても無料扱いなのですが・・・・。
ぶっちゃけ・・・こんな局で引き受けた例は、あんまし見ません・・・Ψ(`▽´)Ψ

第一軍第十野戦郵便局

今日も印影シリーズです。

久々の日露の軍事郵便ですねΨ(`▽´)Ψ

スキャン画像1243

第一軍第十野戦郵便局、明治37年4月6日引き受けの無料軍事郵便です。
差出し部隊は、第一軍の兵站部からで、着任の挨拶状です。

まっ印影的には、一番ありふれた印の一族ですね♪

高敞/取扱所

印影シリーズです。

スキャン画像1242

高敞/取扱所 明治43年1月1日の無料軍事郵便年賀状です。

綺麗な印影だったので、思わず衝動買いΨ(`▽´)Ψ
まっ如何せん駐屯軍の使用例やし・・・ね。

第五野戦局分室

シベリア出兵時の野戦局の分室です。

スキャン画像1239

第五野戦局分室 大正10年11月13日

綺麗な印影なので持って来ました♪
今日は・・・こんだけΨ(`▽´)Ψ

楠公葉書3銭の海軍穿孔

海軍穿孔の楠公3銭葉書への使用例です。
3銭楠公葉書への穿孔では一番多く確認されているのが海軍穿孔なのですが、如何せん時代が時代だけに、3銭楠公葉書の穿孔は少ないと思います。

スキャン画像1238

差出のアドレスは、東京工業大学内を間借りしていた海軍省の経理部で、2銭切手(コレも穿孔)を加貼して、使用しています。
公用印も押されていて、使用ルールも完璧です。

使用例としては、5銭時代の使用例で、戦争末期の一般公用便としても興味の尽きないマテリアルです。

陸軍省内

昨日、「大本営海軍部内」分室をご紹介しましたので、その同じファイルに在った・・・#%$#・・・否、もとい、「大本営陸軍部内」分室の後継局(名前変更)で、誕生した「陸軍省内」分室差出の有料速達便のご紹介です。

スキャン画像1237

陸軍省内、昭和20年9月19日差出の速達便です。
この頃は、戦時特例の適用で、高額切手貼りの郵便物は殆どが昨日ご紹介したみたいに、料金別納扱いだしたので、切手貼りの使用例を手に入れて、実は喜んでいたりします♪
(手に入れて・・・数年忘れていたのは、公然の秘密ですΨ(`▽´)Ψ )

大本営海軍部内

久々の印影シリーズです。
去年だったか・・・・「大本営陸軍部内」分室をご紹介した折に、「近い内に海軍部内をご紹介しますね♪」・・・って、自分で言っておいて完全に忘れておりましたΨ(`▽´)Ψ
(まぁぁぁ・・・このブログ、そんな狼少年的ど忘れ・・・・公約違反は何時ものことですが・・・w)

大本営海軍部内の分室印は押された特殊郵便物受領原符です。

スキャン画像1236

印影は薄いですが、昭和20年5月16日の印です。
大本営海軍部内の分室印は、何故か薄い印影ばかりです・・・・私が見た事が在るのは・・・。
この後の海軍省内分室印は、反対にインクが濃すぎるの多いし・・・・。
終戦前後のドタバタ期の印影は、どうしてこう・・・なのでしょう??

数日前、海軍の日吉(慶応大学内)地下壕の発掘ニュースを聞いて、今日はこんなマテリアルを発掘してしまいましたΨ(`▽´)Ψ

川崎航空機明石工場

在る様で中々見つかりませんでした。
川重の明石工場関係のマテリアルです。
他の航空機工場(川西や三菱などなど・・・)は結構見つかるのですが、明石の川重はこのマテリアルを入れて数点しか所有していません。
どうして・・・でしょうか??ねΨ(`▽´)Ψ

明石の工場は、現在はオートバイや川崎航空機のなごり?でヘリコプターの部品などを作っています。当時は、川崎発動機の工場と共に、三式戦の「飛燕」などの陸軍の戦闘機を作っていました。
あの、漫画家「松本零士」さんもその関係(陸軍の航空関係)で、幼少の頃は明石に住んでいたらしいです。

スキャン画像1235

川崎航空機の社員寮差出、昭和18年の楠公葉書です。


シベリア出兵慰問絵葉書

有名な絵葉書なのでもうご紹介したと思っていたら、なんと!まだでした様なので「ホクホク」とご紹介です。Ψ(`▽´)Ψ

スキャン画像1234

第一軍、大正9年1月2日、引き受けの年賀状無料軍事郵便です。
この「とまれ」マークににたマークの在る慰問軍事郵便葉書は、この他に封書も確認されています。

シベリア出兵の軍事郵便を見ていると割りとよく見かけるアイテムです。

海軍予備学生

旅順の海軍予備学生の教育部宛ての往復葉書です。

スキャン1

西陣、昭和20年1月25日差出です。
結構兄弟カヴァーが出た一族です。
両面印刷の往復葉書の使用例なのですが、この返信はきちんと届いたみたいで、この返信も同(じ出所から出現しています。
(・・・・・悲しいかな返信は、いつもの行方不明w)

パターン違い

今日は、以前ご紹介した。荒木貞夫陸軍大臣差出の郵便葉書のタイプ違いです。

スキャン1スキャン10001

昭和7年6月13日、奉天の機械印で証示されています。
無料軍事郵便です。

去年の11月10日の記事でも同じ葉書の使用例をご紹介しています。
http://isokaze.blog75.fc2.com/blog-entry-876.html
この時は、無料便では無く料金別納で送られています。
この時は、4月の差出みたいです。

練習艦「かとり」

本当は、「香取」と書きたい気持ちになりますΨ(`▽´)Ψ

スキャン10002

昭和42年に竣工した艦で、この記念カヴァーはその3年後に遠洋航海の巡航中にオランダで差し出されたものです。

この艦は、平成10年(1998)に後継艦「かしま」に引き継いで引退しました。

瑞鶴-進水式

久々の進水式の絵葉書です。

以前、「if」小説に瑞鶴クラス・・・・「紅鶴」「白鶴」とか出てました・・・「白鶴」って・・・日本酒じゃ無いのだから・・・・wねっ。

今日のは、正真正銘「鶴」クラスの進水式絵葉書です。

スキャン10001

結構、良い感じの絵葉書ですね。

伊4号

あれ???
またもや・・・データーが!(><)
仕方無いのでとりあえず代替画像からの一品です。

スキャン1

平時の有料便です。
宛先アドレスは、第八潜水隊伊四号です。


あぁぁぁ・・・・今から復旧作業です。
HDD・・・・調子が悪いっす(><)。
因みに、これ以外に、密かに蓄積していた地元初期不統一印の「マルヒ」データーも、既に失われたのが判明・・・。
後、当会所有以外の臨時印データーの蓄積データーも・・・・。
あぁぁぁ・・・サルベージュ出来るかしらん(TT)。
予備のPCのHDDにどんだけ前のセーブデーターが在るのか・・・・。

とぉぉぉぉい・・・・・・目TT血涙

楠公葉書のフィリピン使用

軍事郵便以外での楠公葉書のフィリピン使用です。

スキャン10005

マニラ、1943(昭和18)年7月19日差出の日本宛です。
差出人は、民間人です。
多分、内地からの持込使用でしょう・・・ね。

空襲予告伝単

伝単の一族です。
米軍による空襲予告です。

スキャン10002スキャン10003

あちらサイドのマテリアルさんです。
昭和20年に入ってからの戦略爆撃は、本当にむごい作戦だったのでは・・・。

合掌です。

バルバロッサ

昭和16年6月22日、ドイツはバルバロッサ(イタリア語で赤髭って意味らしいです)作戦が発動され、独ソ戦が勃発しました。
この戦争開始により、シベリア経由での郵便物逓送が途絶しました。

スキャン10004

この葉書の郵便局引き受けは、横浜、昭和16年6月16日でシベリア経由が指定され、ドイツの軍事検閲がついています。
たぶん(←この辺が磯さんらしいΨ(`▽´)Ψ )現在、私が集めた資料では、この葉書が事実上、シベリア経由最終便なのではないでしょうか?
当時、シベリアを経由しての郵便は、約7日かかってシベリアを抜けていたと言われてます。

この後に差し出された郵便物は、アメリカ経由に指定換えされている例が多くなります。

セ201

久々の海軍部隊区別符シリーズです。

今日の部隊区別符は、軍艦に個別に割り振られた区別符です。
軍艦「利根」に割り振られた「セ201」です。

スキャン10001

気付は、呉局気付です。

今日からちょいズボラさんシリーズで行きますねΨ(`▽´)Ψ

駆逐艦「野風」

磯さん大好き駆逐艦シリーズΨ(`▽´)Ψ

峯風型駆逐艦「野風」差出の無料軍事郵便です。

スキャン1

この野風、峯風型の中では後半に竣工した艦で、初期の艦とくらべて大幅に兵装が改良されて竣工しており、この艦以降の3隻を、改峯風型と言う人もいるそうです。

詳しい経歴は、おさぼりΨ(`▽´)Ψ


衝動買い

しちゃいました・・・・・ついついΨ(`▽´)Ψ

A4のスキャンではとりきれないぐらい大きな切手シートです・・・汗。

全映はもちろんすぐに諦めましたΨ(`▽´)Ψ

スキャン1

軍艦がいっぱいです・・・。
んっん・・・まぁぁ・・・今日は、こんだけ♪

«  | HOME |  »

プロフィール

324-磯風

Author:324-磯風
1972年生まれ 男
軍事郵便保存会・関西事務局員
趣味と酒、食、女、宇宙戦艦ヤマト、インドア生活(休日)をこよなく愛す
趣味・秘密
本業・割と堅い職業
ニックネーム?・黒い服着た悪魔
トレードマーク・Ψ(`▽´)Ψ
PC系・電気系(家電も含む)が完全に駄目な私ですが、何時まで続ける事が出来るのやら・・よろしくお願いいたします。

注意事項
このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、コピー厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する