2008-10

日本名になりたる濱に泳ぎけり。

ズボラさんシリーズ。

香港差出の内地宛の葉書です。

スキャン画像1077スキャン画像1078

香港、昭和18年7月8日差出です。
裏面の絵葉書・・・・「日本名になりたる濱に泳ぎけり。」っとだけ印刷が在ります・・・。
果して、何処の海岸なんでしょう?
まぁぁ・・葉書の銘版を見ると「香港印刷工場印刷」と在るので、香港の何処か?なのでしょうが・・・・Ψ(`▽´)Ψ
スポンサーサイト

川崎重工神戸潜水艦部

ズボラさんシリーズ・・・んでもって、久々の軍需工場シリーズです。

今も昔も、神戸の造船所は潜水艦のメッカです。
今日は、川重の造船所、艦船工場潜水艦部差出の葉書(年賀状)です。

スキャン画像1076

差出局は、葺合、昭和14年1月1日で、宛先人さんは、呉の海軍工廠造船部の桝方楢三郎海軍造船大佐(当時)です。
・・・あっ表をスキャンするの忘れてたわ・・・まっいっか・・・有名な人やし・・Ψ(`▽´)Ψ
(軍艦「大和」の建造にも関与された方ですなΨ(`▽´)Ψ )

台湾からフィリピン

ズボラさん・・・・続きます。

今日は、台湾からフィリピンの商社に送られた民間便の葉書のご紹介です。

スキャン画像1075

新竹、昭和19年5月19日差出です。
差出人も台湾の方です。


あぁぁぁぁ・・・・やらなければならない仕事が多いのに、こう云う時に限って、仕事が余計に増えるのはこれ如何に・・・・Ψ(T▽T)Ψ 号泣。

函館郵便局私書箱201号

忙しくなったら・・・恒例のずぼらさんΨ(`▽´)Ψ です。

陸軍の私書箱の一族です。
「函館郵便局私書箱201号」です。

スキャン画像1074

日付けは、函館、昭和18年5月20日の機械印で差出されています。

T氏に資料としてお渡しするのを、忘れてた一品です。
ここで資料取りして頂こうと・・・・Ψ(`▽´)Ψ ズボラ×2ですな・・・今日はΨ(`▽´)Ψ

ジャワ軍政監部、電話局

ジャワ派遣軍の軍政監部の配下に置かれたジュンブル電話局差出の無料軍事郵便です。

スキャン画像1073

差出人は、軍属の交換手さんらしいです。


少し忙しくなりだしました。
東京秋の陣も真近・・・今日からは恒例のズボラさんシリーズに突入しようと画策・・・否!実践中ですΨ(`▽´)Ψ

イ127

海軍部隊別区別符です。

スキャン画像1072

アドレスは、鹿児島海軍航空基地気付イ127で、九州航空隊の鹿児島基地分遣隊からの無料軍事郵便です。
このアドレスは、昭和19年の11月10日前後から使用されています。

九州航空隊は、昭和19年7月10日に編成された最初の乙航空隊のひとつです。鹿屋飛行場を拠点とし、西日本各地の飛行場を管轄していた航空隊で、練習航空隊の実施部隊化、練習基地の実施部隊転用などで規模も拡大しました。昭和20年、春以降の乙航空隊細分化によって、管轄区は九州南部に縮小しました。

海軍艦政本部

久々の官衙です。

スキャン画像1071

海軍艦政本部第三部第一課宛の封書で、「錦江丸」の艤装委員差出です。
差出は、長崎・豊後で、昭和20年6月24日です。

書留便

フィリピンの書留便は、他の日本占領地域とは少し違い、切手は抹消印による抹消のみで、証示印として箱型の日付け印が使用され、裏面の封緘代わりの役割も担っていました。
このタイプの制度は、フィリピンが元アメリカの植民地だった辺りに由来しているのでしょう。

まっ御託はこれぐらいにして、今日の一品(どっかのHPみたいやなぁぁぁ・・・・)。

スキャン画像1070

マニラ、昭和19年7月20日差出の市内便です。
割とすっきりした使用例でしょう♪

まぁぁぁ・・・・贅沢言うとマニラ以外ならもっと嬉しい使用例なのですが・・・・。
無い物ねだりしても仕方ないですし・・・磯さん的(レベル)では、このタイプの使用例が精一杯なんですよねぇぇぇΨ(`▽´)Ψ

慰問ポートレート

今日は、戦地の軍人さんに配られた、慰問のポートレートのご紹介です。

スキャン画像1067スキャン画像1068

写真のモデルになられた方の直筆の激励文が裏面に書いてあります。
銀暁美(しろがね・あけみ)さんは、日本劇場のダンシングチームの一員で、戦前の名タッパー二人の中の一人と言われているらしいです。


まっ軍事郵便ではないですが、たまにはこんなのも良いでしょう。

第一航空軍

最近・・真面目に陸軍の部隊番号調べている自分を褒めてやりたい気分の磯さんです。
まぁぁぁ・・・とにかく、勉強が嫌いな磯なので・・・・Ψ(`▽´)Ψ

そんな今日は、第一航空軍の通称号「燕」差出の葉書です。

スキャン画像1066

差出日は、昭和20年7月25日、前渡局引き受けです。
部隊アドレスは、燕、18940部隊で、第166飛行場大隊です。

5銭大型楠公の部隊使用(終戦前使用)としても気に入っている品です。

第18方面軍司令部

またもや・・・・時間が余り無いので画像のみスペシャルです。

スキャン画像1065

アドレスは、泰派遣、義第10428部隊で、第18方面軍司令部(昭和20年7月昇格)直轄の特設自動車第14中隊です。
が、多分・・・この無料軍事郵便が差出されたのは、時期的にみてタイ国駐屯軍時代のものでしょう。

緊急告知

緊急告知です(><)

11月1日から3日まで、東京・池袋・サンシャインで開かれるジャペックス2008で、我が軍事郵便保存会・東の事務局長製作「満州事変」と言う作品を2フレーム(32p)で展示いたします。

manshujihen.jpg

詳しくは下のルーから「ジャペックス2008」のHPにて、ご参照ください。m(_)m
http://yushu.or.jp/event/japex08/index.html


当会の所蔵物の中で一番弱いジャンルです。
はたして・・・そのジャンルの専門家さんたちからの評価が非常に気になる出品になっております・・・汗。
まっ「満州事変」は結構複雑ですからね。

中支派遣軍用の特別航空軍事葉書

中国に派遣されていた「軍」で、陸軍特別航空軍事葉書を部隊に配布したのは、南支派遣軍と中支派遣軍だけです。
その両者は、三角片が付いたタイプで、「ヘルメットに鳩」の軍事葉書を利用して、現地で加刷された現地製の葉書で、両者とも違うタイプの葉書でした。

今日、ご紹介するのは、中支派遣軍で使用された特別航空軍事葉書です。

スキャン画像1064

部隊アドレスは、中支派遣、幸第3703部隊で、第三師団隷下の歩兵第34連隊です。
コーナーに印刷されている筈の返信用「三角片」は切り取られて使用されています。


・・・・やっぱ・・・個別の部隊番号調べるの時間がかかりますわΨ(`▽´)Ψ

比島野戦憲兵

フィリピンに赴任していた憲兵さんからの無料軍事郵便のご紹介です。

スキャン画像1063

アドレスは、比島派遣憲兵隊マニラ分隊です。
この部隊の上級部隊は、第14方面軍で、部隊の名称は、第14方面軍憲兵隊でした。

大戦中南方戦線の憲兵隊の内、一番軍事郵便の存在量が多い憲兵隊ですね・・・ココ↑

第113独立混成旅団

久々の独立混成旅団シリーズです。
陸軍の部隊番号調べるのが面倒で、最近サボって・・・なんて口が裂けてもいえません。キッパリ!!

陸軍、第113独立混成旅団差出の葉書です。

スキャン画像1062

会津高田、昭和20年8月13日差出、アドレスは、瑞光第27433部隊で、第113独立混成旅団、独立歩兵第686大隊で、第11方面軍隷下、第50軍の所属でした。


少し、時間に余裕が出来たら独混のシリーズを詳しくやっても良いですね♪

青島と書いてチンタオと読むΨ(`▽´)Ψ

宮崎の「あおしま」とちゃいますよΨ(`▽´)Ψ

まぁぁ・・・・此処に来られている方に言わせれば・・「んなもん言われんでも知っとるわ!ボケェェェ!!」っと、叱られそうな事書いてますが・・・・。

っと、云う事で「青島」です。

スキャン画像1061

青島、大正9年1月10日差出の、年賀状(無料軍事郵便)です。
差出人のアドレスは、なんと!青島郵便局となっています。

ちょい、面白いので持って来てみました♪

はっはっはっはー

スキャン画像1060

チクショー!!(><)

以上!今日はこんだけ・・・。




シクシクシクシクシク・・・・・(TT血涙
くそぉぉ・・・あの「⑩」の印だけで、日本宛と判るからなおさら憎い!!!!

ジャワカレー

のルーで、久々にちょい辛めのカレーを作りました♪
(実際には、3種類以上のルーをいれ、その他諸々・・・・寸胴鍋一杯作って、最低3日は煮込んで・・・・今日、作っても食べれるのは3日後からです♪しかも・・・一週間分ぐらいの量を仕込むわけですから・・・・まぁぁカレー好きにはたまらん最高の状態ですわΨ(`▽´)Ψ )

・・・っと、話はそれましたが・・・んな、こんなで、ジャワの占領正刷葉書の戦後使用です。

スキャン画像1059

SALATIGA局、昭和20年(1945)9月10日(戦後)差出の葉書です。

8月15日の日本降伏後、現地の権力を掌握したのは、スカルノ(後のインドネシア独立後初代大統領)でした。そして、この葉書がだされた直後、スカルノを交渉相手手して認めていない連合軍は、9月29日に英・英印軍1個大隊がバタヴィアに上陸しました。

まぁぁ・・・詳しく書いていると話がどっかに行っちゃうので、そんな時代のマテリアルさんです。

ちょいと寄り道した古書店でΨ(`▽´)Ψ

昨日に引き続き、ズボラさんですΨ(`▽´)Ψ

忙しく壊滅状態のスケジュールを強行中にも関わらず、京都行きつけの古書店で、軍事郵便の束を一束購入。
中に一点だけ光るものが・・・。

スキャン画像1056

第98臨時局の印影がある楠公2銭葉書が出ました♪
日付けは、昭和17年10月16日で、函館郵便局私書箱五六と言うアドレスを持っています。

まぁぁ・・・毎度の如く詳しく調べていませんので、今日は印影シリーズと云う事でお願いいたします。

公用便

今日も、修羅場ってますので画像のみUPのズボラバージョンです。

今日は、公用便ですが、南方占領地、ジャワ地区の公用便です。

スキャン画像1055

差出は、SOERABAJA局で、昭和18年8月14日で、宛先から転送されています。

判子が沢山あって、詳しく調べると楽しいカヴァーなのですが、今日はこんだけΨ(`▽´)Ψ

落ちちゃったΨ(`▽´)Ψ

先日終了した、某ペーパーのオークション・・・・だめ元で、下値も吊れで入札をしたら・・・・なんと!十戦9勝・・・・嬉しいやら・・・出費が悲しいやら・・・。

って、事で、今日はその中から一品をば・・・。

スキャン画像1054

明治29年5月11日、内地差出、台湾の嘉義城内、混成第二旅団に宛てた軍事郵便です。
着印に、当時嘉義に開局していた、第八台湾野戦郵便局の印が押されています。
日付けは、明治29年5月29日となっています。

カナダの日本人抑留者

きちんと記事を書こうと用意していたのですが、急用の為、画像のみのズボラさんUPです。

カナダに抑留された日本人宛のカヴァーです。

スキャン画像1053

SLOCAN、1943(昭和18年)年3月11日差出

宛先人の日本人の抑留されている所に宛先を書き直されて、配達されています。

詳しく書くと面白いカヴァーなのですが、今日は、これだけΨ(`▽´)Ψ

初日実逓

南方占領地のフィリピンで発行された正刷切手の、日本宛初日実逓カヴァーです。

スキャン画像1052

1943(昭和18年)年6月7日差出で、「MANILA No2」と言う機械印が載っています。
差出人は、この頃マニラに在って、活発に活動していた、マニラスタンプ商会です。

まぁぁ・・・空押しの初日カヴァーは沢山残っている切手ですが・・・日本宛ともなると、大事にしたい使用例ですよね。

久々の年賀特例

外地の一般局使用の年賀特例です。

スキャン画像1050スキャン画像1051

慶源 昭和11年1月1日、機械年賀印で、差出は、満州国間島臨時派遣隊です。

ここで疑問・・・こいつも以前ご紹介した年賀特例も印刷葉書なんですよね・・・でも、一人の差出制限を考えると・・・・おっかしいですよねぇぇぇ。
いったい、どうなっていたんでしょうw

イタリアとドイツと・・・

今日は、日本以外の三国軍事同盟の国、イタリアとドイツの関係をカヴァーで見てみましょう。

1940年(昭和15年)9月27日、日本・ドイツ・イタリアとの間に「三国軍事同盟」が締結されました。

今日、ご紹介するマテリアルは、ドイツのソビエト侵攻(バルバロッサ)作戦直後にイタリアで発行されたヒトラーとムッソリーニを描く6種の切手の内、5種(最高額面のみ無し)が使用されたカヴァーです。

スキャン画像1049

Como 1941(昭和16年)6月27日差出(ミッヘルカタログにはこの切手の初日は6月30日とありますが・・・・・専門外なので、詳しい事は判りませんΨ(`▽´)Ψ ・・・っが、多分・・・初日実逓でしょうw)


まぁぁぁ・・・・この頃・・・日本と三国軍事同盟結んでいたにも関わらずこんな切手を発行する辺り・・・当時の欧米・・・(同盟国でも)は、日本をどう、思っていたのか良く判りますね。


たまにゃーこんなのも良いでしょう♪
やっぱ・・・洋もんのマテリアルは色合いが綺麗だわΨ(`▽´)Ψ

永田丸残員

うーーーう!暑くなったり寒くなったり・・・風邪ひきそうですわΨ(`▽´)Ψ
ここ最近・・・お仕事も、いっぱいなんやらかんやら溜め込んで・・・・自己破綻状態の磯さんです(TT)

まーそんな、夏休み・・・8月31日状態で、自業自得の磯さんはほっておいて、今日は、第一次大戦時に、ドイツのUボートに沈められた日本の商船乗り組員差出の葉書をご紹介しましょう。

スキャン画像1048

貨物船の「永田丸(3515t、船主・藤永田造船所)」が、大正5年11月30日に英仏海峡・ウーシャン沖で独潜水艦に撃沈され、乗員9人が死傷の後、イギリス本土に他の存命乗員は、移送されれました。
(日本の「丸」商船で、WW1での亡失、8隻目)

この葉書は、1916年(大正5年)の12月12日(永田丸沈没から約2週間後)にロンドンから生き残った船員が差出した葉書です。
日本には、翌年(大正6年)の1月9日に到着しています。

裏の手紙の内容は・・・年賀の挨拶と、「撃沈」された経緯などが書かれています。


あかん・・・・ホンマに猫の手でも、犬の手でも・・・熊の手でも借りたい状況ですわ・・・(><)。

水濡れその2

昨日と同じ理由のものをもう一点。

ビルマ派遣軍あてラッパーの軍事郵便です。

スキャン画像1047

差出は、大賀、昭和19年10月8日です。
宛先部隊は、ビルマ派遣軍、森3005部隊で、ビルマ方面軍司令部隷下の独立自動車236中隊です。

この一族の特徴は・・・殆どが「内地から戦地宛」と、言う事です。(・・・当たり前なのですが・・・。)
・・・・・合掌。

水濡れ

このジャンルを、一生懸命収集していますと、どうしても「パリッ」とした使用例は少なく、「ヨレッ」っとした使用例ばかりなのですが・・・・その中でも、ひときわ目立つのが、「水濡れ」です。

こいつは・・・一概には言えないのですが、その出所から察するに、大抵連合軍による「接収品」の場合が多いです。そりゃぁぁ・・・戦闘終結後、ジャングルや、野ざらしの陣地・・・などに何日か放置されていたものなんですから・・・・・ね・・・・・・。

今日、ご紹介する陸軍特別航空往復葉書の復片もそんな使用例です。

スキャン画像1046

差出は、台湾の宜蘭で、昭和19年8月24日差出で、宛先は比島派遣、威2944部隊で、南方軍総司令部隷下の第三船舶輸送司令部です。
差出人、宛先人とも台湾の方で、多分通訳さんとして従軍されていた方だと思われます。

今回の葉書は、「水濡れ」と言うより・・・「油染み」の方が正しいのかもしれません。


・・・・・・合掌。

駆逐艦「早霜」

磯さん大好きシリーズの中の駆逐艦シリーズです♪

夕雲型駆逐艦の「早霜」さんからの無料軍事郵便です。

スキャン画像1045

昭和16年、戦時建造(○急)計画甲型(一等)駆逐艦第345号艦。

昭和18年、舞鶴工廠で起工。7月31日、駆逐艦「早霜」と銘銘。10月20日、進水。

昭和19年2月16日、竣工。「清霜」、「秋霜」と第2水雷戦隊隷下に第2駆逐隊を新編。10月25日、レイテ、サマール沖海戦に参加し空襲により損傷、「秋霜」に付き添われて艦隊を離脱。26日、秋霜と分離。27日ミンドロ島沖で爆撃を受けて沈没。

昭和20年1月10日、除籍。


う・・・ん・・・浮いていたのが僅か8ヶ月間の短命艦なんですよね・・・・この船。
出来て、その年の正月を越せない・・・なんか辛い気になって来ますね。

東郷さん

の絵葉書です。

スキャン画像1044

たまにゃーこんだけでさらっと・・・ねΨ(`▽´)Ψ

«  | HOME |  »

プロフィール

324-磯風

Author:324-磯風
1972年生まれ 男
軍事郵便保存会・関西事務局員
趣味と酒、食、女、宇宙戦艦ヤマト、インドア生活(休日)をこよなく愛す
趣味・秘密
本業・割と堅い職業
ニックネーム?・黒い服着た悪魔
トレードマーク・Ψ(`▽´)Ψ
PC系・電気系(家電も含む)が完全に駄目な私ですが、何時まで続ける事が出来るのやら・・よろしくお願いいたします。

注意事項
このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、コピー厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する