2008-01

山東出兵の時代の中国宛て葉書

昨日、第二次山東出兵の軍事郵便をご紹介しましたので、今日はその頃に中国に宛てて差し出された一般郵便をご紹介しましょう。

スキャン画像0701

昭和3年6月21日、横浜差出の上海宛てです。・・・・まぁぁ、直接済南事件とは関係無いのですが、時期的にその時代ですので、参考品程度に購入した葉書です。
スポンサーサイト

第二次山東出兵

今日は、済南事件に関する軍事郵便です。

スキャン画像0700

昭和3年6月11日、第4野戦局差出の無料軍事郵便です。
この事変では、第1~第4までの野戦郵便局が開設されています。
差出は、静岡が原隊の歩兵34連隊です。

この葉書差出の直前の6月4日、関東軍の謀略による張作霖爆殺事件が起こるのですが、これにまつわるマテリアルは、また別の機会にご紹介しましょうΨ(`▽´)Ψ ・・・っか、今日のマテリアルには全然関係無いお話ですよね・・・w。

軍用封緘-陸軍使用

まぁぁ・・・ノーマルな使用例ですΨ(`▽´)Ψ

スキャン画像0699

大正4年9月2日、済南の野戦局差出の無料軍事郵便(軍事封緘)です。
差出人のアドレスは、青島守備軍です。

上下のフラップが切り取られて完全では有りませんが、まぁぁ・・ノーマルな使用例ですね♪

駆逐艦「朝霧」

本日から数日間、又もや画像だけのズボラさんモードに突入です。
・・っか・・・最近のパターンやったら、これ↑書かんでも分からんやろうなぁぁ・・・なんて少し自傷気味の磯ですΨ(`▽´)Ψ 。

スキャン画像0697
スキャン画像0698

駆逐艦「朝霧」(特型Ⅱ{綾波型})からの昭和12年の年賀状です。
因みに裏も朝霧の写真を使用しているちょいとおっされーな感じの葉書です♪

日清戦争への献金

大型封筒を少し引っ張り出して来ました♪

今日は、日清戦争時に陸軍の恤兵部が差し出した献金の承認状です。

スキャン画像0734
スキャン画像0735
スキャン画像0736
こんなのも、たまにはどうでしょう?

今日のUPはこんだけΨ(`▽´)Ψ

祭粢料

今日は、内地の部隊差出の公用小包のご紹介です。

スキャン画像0733

差出アドレスは、千葉県の佐倉に有った東部64部隊で、差出日は、昭和15年11月21日、佐倉局の紫色の縦書きローラー印で抹消してあります。
小包料金が貼られ、小包扱いで「祭粢(さいし)料」を送っています。

祭粢料とは、今で言う所の「香典」みたいなものらしいです。
中身はこのマテリアルには残って無いのですが、とある高位の軍人さんの遺品を整理する機会が在った時に、天皇陛下より祭粢料を下賜せられたものをみた事があります。
その包みをみると、こんな大型封筒を使用した事を妙に納得した覚えが有ります。

ハルマヘラからの武装解除者郵便

毎日が寒いです・・・・ついでに私の財布も心も・・・否、人生そのものが・・・寒いのは気のせいでしょうか?
まっここの所の風邪で相当まいっている私です・・・Ψ(`▽´)Ψ

さて、気を取り直して、今日はハルマヘラからの武装解除者郵便をご紹介しましょう♪
・・・っと、言いましてもそもそも「ハルマヘラ」って皆さんご存知ですか?

ハルマヘラとは現インドネシア国内の東(かなり大雑把な説明)に存在する日本の四国程度大きさの島です。
因みに、この島では連合軍との戦闘は行われず、連日の空爆のみだったらしいです。

スキャン画像0731
スキャン画像0732

差出アドレスは、「ハルマヘラ島第32師団楓臨時第2野戦病院」となっています。

第32師団は、中国の占領地、治安維持の為の部隊として、東京で編制されました。
昭和19年4月、第14軍に編入されてフィリピンに進出したのですが、急遽行き先をハルマヘラ島へ変更された師団です。
ハルマヘラ島には5月中旬に到着、しかし部隊輸送途中の潜水艦攻撃による輸送船沈没により、多数の兵員が海没した師団です。

この葉書の差出人は、他の兄弟カヴァーから軍医さんだと考えられるマテリアルです。

一次大戦の軍艦「比叡」

熱で頭がぼーとしておりますw
一応、さっき座薬を投入したのですが・・・復活の目処はついてません・・ギャフン(><)

んな中、今日は一次大戦時、帝国海軍の最新鋭巡洋戦艦「比叡」から差し出された無料軍事郵便をご紹介しましょう。

スキャン画像0730

大正3年10月5日、佐世保引き受けの無料軍事郵便です。

この頃の「比叡」は、8月4日に竣工したばかりの最新鋭艦で佐世保鎮守府籍でした。

この軍事郵便は、姉妹艦「金剛」とともに巡洋戦艦鞍馬等からなる第1艦隊第3戦隊に編入。9月14日、佐世保出港後、一次大戦により東シナ海方面で行動。同22日、佐世保帰投後、10月15日に寺島水道出港後青島方面を行動するまでの間に差し出されたものです。


明日には復活出来ていればよいのですが・・・・(TT)

天津駐屯軍

風邪で頭の中がぐるんぐるんな(いつもなのですがw)磯ですΨ(`▽´)Ψ

そんな今日は、まぁぁ画像のみでも「可」なマテリアルを持ってきちゃいました♪

スキャン画像0728
スキャン画像0729

天津駐屯軍からの中国葉書を使用した平信です。

天津駐屯軍は、北清事変の後1901(明治34)年、北京議定書により講和に従い列強軍隊が山海関と北京間に駐屯することになり、日本帝国天津駐屯軍が誕生したらしいです。
この部隊は、支那事変勃発後の翌年昭和13年3月12日、支那駐屯兵団と改編され、6月21日再び改編され第二十七師団となったらしいです。←以上、あっちこちのHPからパクッて来た記事です・・・・あー他力本願Ψ(`▽´)Ψ


・・・あっ・・・購入金額を消すの忘れてた・・・っか・・まっいっかΨ(`▽´)Ψ

給水船 乙型 「和洋丸」

ここ数日、風邪の様子が酷いです。
薬を飲むと眠くなるし・・・飲まなきゃ体調悪いし・・・最悪です。
んな、こんなで頭ぼーモードな私なので、何も考えずに(っつーてもいつもの事ですがw)UP出来る、磯さん「らぶ」ジャンルの軍事郵便を持って来てましたΨ(`▽´)Ψ

スキャン画像0727

特設運送船種の給水船、乙型(確か・・・5000t以下だったか・・・自信無いです・・ハイ、因みにこの和洋丸は2900t)の和洋丸からの無料軍事郵便です。

この船は、東洋汽船の貨物船として昭和16年12月22日に竣工、海軍に徴用されて給水船として艦艇に真水を補給する為の補助艦艇として活躍しました・・が。昭和20年3月11日、南シナ海で空爆を受けて亡失しました。

この無料軍事郵便は、台葉書に3銭料金の楠公葉書が使用されており、昭和19年5月8日(この葉書の発行日)から、20年の沈没時までの使用例と考える事が出来ます。


まぁぁぁ・・・今日の記事は、昔に調べた事を記憶だけで書いていますので、日にちとかが間違っていた場合はご指摘頂けるとあり難いです・・・汗。
さて、今から風邪薬を飲んで私も自沈しますΨ(`▽´)Ψ

満州国差出、アメリカ宛て

開戦前ゴタゴタシリーズ第7夜目。
いやぁぁぁなんか変わった物を・・・っと、考えた挙句、簡単なシンプルなマテリアルに落ち着きました。

スキャン画像0726

昭和16年10月13日、ハルピン差出の封書郵便物です。
非常にシンプルですが、この封書の持っている差出日付けは、非凡な一品だと思うのですが・・・如何でしょう??

割と気に入っているマテリアルでもあります。

あった・・あった・・・♪

開戦前ゴタゴタシリーズ第6夜用に探してたマテリアルさんを、ちゃんと保護いたしました♪
第5夜用に用意したマテリアル入れていたOPP(カヴァー保存用のビニール袋)の裏に入ってました・・・汗汗。

まっ気を取り直して、今度は日本差出のフィリピン宛て郵便物です。

スキャン画像0725

昭和16年10月4日、東京差出のフィリピン宛て、印刷物です。

まぁぁぁ・・・これ、探していた時は、「絶対記事にしてやる!!」って感じで探していましたが・・・いざ、記事にしてみると余りぱっとした気がしないのは何故でしょう??

とりあえず、このシリーズも明日で一旦休憩にしましょうΨ(`▽´)Ψ
・・・って、事で、明日は何を持ってきましょうか・・・・汗w

呉警備戦隊

う・・・ん、捜索班が遭難しました・・・出て来ません・・・汗w
仕方が無いのでもう1日現実逃避の記事UPですΨ(`▽´)Ψ

スキャン画像0724

昭和11年の年賀状です。
アドレスに「呉警備戦隊」とあります。
ちょいと面白いアドレスだったのでご登場願いました♪
差出艦艇は、潜水母艦の「長鯨」です。

この頃の長鯨は・・・・・まっ差し替え記事ですので良いですよねΨ(`▽´)Ψ
・・っと、逃げる磯でしたΨ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ

トンボ釣り

開戦前ゴタゴタシリーズ・・・もう少し続けようと思うのですが、如何せん品物の整理が悪く・・・次にご紹介しようと思っていたマテリアルがどうも、現在雲隠れ中ですΨ(`▽´)Ψ
他のマテリアルに交換しようかなぁぁっと、思ったのですが、そこは・・・ほら!ひねくれものの磯の事、頑張って探し出してUPする様に勤めてしまいましょうΨ(`▽´)Ψ

・・・っと、言う事で、今日は急遽緊急差し替え記事です。

昔、航空母艦に付属して、航空機の訓練途中に海に落ちた飛行機の搭乗員を救助する目的の為に配備されていた旧型駆逐艦が在りました。
そんな駆逐艦は、「トンボ釣り」と言われていました。
今日は、そんな駆逐艦をご紹介しましょう♪

スキャン画像0723

当時、第一航空戦隊に所属していた睦月型駆逐艦「睦月」です。
因みに、この「睦月」は昭和10年の四艦隊事件では艦橋圧壊の被害を受けた事でも有名?な艦です。

フィリピン 1941

ぎりぎり1941シリーズ第5夜Ψ(`▽´)Ψ

年末フィリピン差出のアメリカあてのカヴァーです。

スキャン画像0722

マニラを1941(昭和16)年11月25日にアメリカに宛てて差し出され、年内にアメリカに到着した2倍重量便の書状です。
多分・・・シッピングリストは調べていませんが、日米開戦時には船の上だった事でしょう。
(転送の指示が付いていますが、これはアメリカ国内の転送指示です。)

んでもってアメリカ経由♪

太平洋戦争、開戦前ゴタゴタシリーズ第4夜Ψ(`▽´)Ψ・・・っう事になりやんす。

昨日は、急遽ルート変更されたカヴァーをご紹介しましたので、今日はもとからアメリカ経由を指定したスイスのベルン宛ての書留便をご紹介しましょう♪

スキャン画像0721

本郷局で昭和16年7月12日引き受け、東京で次の日中継、9月26日にベルンに到着しています。
連合国の検閲はバミューダです。


このカヴァー今から8年ほど前の国際切手展の会場でとある切手商の「@10$」コーナーからの掘り出しです。・・・・いやぁぁぁ・・・あの時はもう・・狂ったみたいに漁りまくった記憶があります・・・・ハイw
あれ以降・・・外郵便関係の掘り出しに出会えないのは磯の日頃の行いがやはり悪いのでしょう・・・か?Ψ(`▽´)Ψ

バミューダ経由(アメリカ経由)

太平洋戦争、開戦前ゴタゴタシリーズ第3夜Ψ(`▽´)Ψ

今日は、ドイツのロシア侵攻(バルバロッサ作戦)で、シベリアルートが途絶した直後、台湾からスウェーデン宛てた郵便物のご紹介です。

スキャン画像0720

台北の消印が台湾型欧文印で昭和16年6月20日と在り、逓送ルート指定も「シベリア経由」となっています・・・・が、実際にはこの直後、6月22日にドイツ軍がポーランドよりソビエトへ侵攻を開始した為、シベリアルートは途絶してしまいました。
そこで、急遽アメリカ経由に切り替えられて逓送されています。
このカヴァーの右に在る連合国の検閲はバミューダで行われた検閲となっています。


結構面白いマテリアルだと思うのですが・・・・Ψ(`▽´)Ψ 如何でしょう??

迷子の、迷子の、子猫ちゃん♪

今日は、ちぃっと不思議な奴を持って来ましたΨ(`▽´)Ψ
昨日の1941年開戦前の日本宛一族です。

スキャン画像0719

イラク差出で、横浜宛てのカヴァーです。
差出日は、1941(昭和16)年8月20日・・・普通ならちゃんと届く時期なのですが・・。
結局、届かずに、1942(昭和17)年2月25日にバクダットに返送されています。

なんでかなぁぁ・・・っと、中継印を調べると、一旦インドに運ばれ、紛来扱いで転送を繰り返してる内に戦争が勃発・・・結局返送になってしまったっと言う代物・・・です。
(まぁ・・・こんな↑、住所の書き方じゃ・・・ねぇぇ・・・w)

検閲は、バクダットとインドで入っています。


あっしまった・・・このカヴァー・・裏面をスキャンするの忘れていた・・・裏面に面白い中継印「ボコボコ」押して有るのに・・・まぁぁぁ・・・いつも私がUPするものは胡散臭いものばかりだすから・・・ここの読者の皆様は、磯を信じてくださるでしょうΨ(`▽´)Ψ
(中東独特のみみず字{語弊の無い様に}は、本当に解りません。)

RETURNED TO SENDER  インド編

太平洋戦争開戦直前の日本宛の郵便物もちょろちょろっと集めて置いたりしています・・・ってか・・・もう、ご存知ですよね・・・このブログを観ておられる皆様は・・Ψ(`▽´)Ψ

まぁぁ・・・そんなこんなで、今日は、インドから開戦前に日本に宛てて、結局返送されたカヴァーを引っ張り出して来ました♪

スキャン画像0718

インドのカルカッタを、1941(昭和16)年11月20日差出で、日本の東京宛てのカヴァーです。
インドの検閲がなされ、返送印が付いています。

そりゃぁぁ・・・上記の様な日付の差出日なら届かないでしょうw


ちょっとそんな(どんあだ!?)特集を組んでみましょうか??2~3日Ψ(`▽´)Ψ

錦州占領

今日は、歴史的に少し面白いマテリアルのご紹介です。

しかも、なんと!私の弱い満州事変がらみのマテリアルです(--;)。

スキャン画像0704
スキャン画像0705

消印は奉天、昭和7年1月7日です。
満州の地域を書かない(原頭)予定で製作した(まぁぁ軍事作戦中は無理でしょうw)印刷年賀状を使用して、錦州に一番のりした事を報告(自慢?)する葉書となっています。
差出アドレスも司令部内と言うのもポイント高いとおもいます♪
まだ、お正月の松の内なので、こんな使用例を持って来てみましたΨ(`▽´)Ψ

1等巡洋艦「吾妻」

絵葉書シリーズです。

新春の古書即売会にふらっと顔を出したら大正時代の軍艦の絵葉書が安く出ていたので衝動買い・・・いやぁぁ・・・家に帰って呆然・・・殆どだぶって購入・・唯一持っていなかった絵葉書がコレ↓です。

スキャン画像0706

1等巡洋艦「吾妻」の絵葉書です。

だぶって購入した他の7枚(えっ?)は悔しいから(ここまで来ると自分でも呆れます。)当分の間「お蔵」入りですΨ(`▽´)Ψ くそぉぉぉぉ!!!
今年は、緊縮財政で行こうと決意したばかりなのに・・・・新年早々散財傾向・・本当にヤヴァイです・・・ハイ(TT)

台湾 東勢角

台湾が新領土(軍政から民政)になってからの郵便物です。

スキャン画像0711

差出局は、東勢角で、明治30年2月20日、差出人のアドレスは、東勢角守備隊となってます。
東勢角は、台中にあり、中央山脈と台中盆地の間に位置し、温暖多雨な気候が特徴であり、経済性の高い果物栽培に適している。そのため梨、桃、ミカン、柿、葡萄などの果物が特産品となっている地域らしいです。(ウィキペディア参照)

印影がもう少しはっきりと綺麗に載ってたらなぁぁ・・・っと贅沢を言いたくなる様な使用例ですΨ(`▽´)Ψ

ちゃんと届いたのかな??

戦後、比島あての民間便葉書です。

スキャン画像0703

差出日は、昭和20年12月7日で、宛先は比島のセブ市、日本バザー・・・米軍検閲有(CCDJ189)・・・・。
う・・ん、この葉書、本当に配達されたのでしょうか?裏面には、マニラはもとよりフィリピン方面の在留日本人の消息が全然つかめない事が記されてます。
この葉書の出所(比島宛ての復員郵便の束)からして、多分現地には配達されずに米軍によって接収されていたとおもわれます。

初代「宗谷」

今日は、磯さん個人的に大好きお船シリーズ、宗谷級二等巡洋艦「宗谷」です♪

この「宗谷」という船、2代目の「宗谷」は波乱万丈な生涯を送ったとして有名ですが、この初代も中々に波乱万丈な生涯の彼女なのです。

スキャン画像0696

大正元年8月12日、横須賀の海軍砲術学校から、朝鮮の仁川に停泊中の宗谷に宛てた葉書です。

この初代の宗谷は、アメリカ、ウィリアム・クランプ&ソンズ/フィラデルフィア(ペンシルヴァニア)造船所で1900年(明治33年)7月に竣工し、ロシア、ワリヤーグ級防護巡洋艦「ワリアーグ」と銘銘されました。
明示37年の日露戦争開戦初期の2月9日に、韓国仁川港外で装甲巡洋艦浅間等と交戦後、港内で自沈。明治38年8月8日に、日本が浮揚、22日、軍艦「宗谷」と改名し、日本へ回航、横須賀工廠で修復。明治40年11月に再就役させました。
大正3年に第1次世界大戦が勃発すると、日本は連合国の一員となり、同じく連合国のロシアに、日露戦争時の戦利艦を返却する事を決定、この宗谷も大正5年4月4日付けで、日本の軍艦籍を除籍され、5月4日、ウラディヴォストークでロシアに返還され、再び巡洋艦「ワリヤーグ」と改名。1921年(大正10年)解体されました。

2代目の「宗谷」は、駆逐艦の「雪風」と並んで強運艦として有名で、一時期私の欲しい艦(カヴァー)の中でも上位に入るぐらいお気に入りの船です・・・ので、又、別の機会にご紹介しますね♪・・・・・しっかし・・・「地鎮丸」時代の「宗谷」が欲しい(><)っと我侭未だに言い続けているのですが・・・中々「地鎮丸」は入手出来ません(TT)。
因みに・・・一昨年の年末にハセガワから発売された「宗谷」の1/350模型(初回生産版)を思わず専用エッチングパーツと共に購入・・・未だに倉庫に積みあがっているのは内緒ですΨ(`▽´)Ψ


おっ今日は久々にちょい真面目モードな気がしますね・・・うきゃぁぁ(><)

ホーッホッホッホッホー

ネットの海で、溺れかけていてこんなの↓見つけました・・。
題してコレクター
http://www.youtube.com/watch?v=8ZP8eg1Fi2M
ずいぶん前にテレビでやっていた「笑うセールスマン」と言うアニメの中の一話です。

やっぱぁぁ・・・一般の方のコレクターに対するイメージって、こんな感じなんでしょうかねぇぇ。
↑このUPは軍事郵便保存会とは全然関係ございませんΨ(`▽´)Ψ




・・・・あっそうそう、先日(去年)11月末に姫路の「イーグレ姫路」と言うところで開かれた切手の展示会に当会(軍事郵便保存会)も軍事郵便保存会名義で参加させて頂き、当会の所蔵品の一部を展示させて頂きました。
その時の写真を先日頂きましたので、事後報告ですが掲載させていただきますね♪
因みに今回のテーマは、「当時の雰囲気を量で感じ取ってもらう。」と言う感じでした。

スキャン画像0695

展示品の内容は、乃木希典、三条実美、東郷平八郎などの直筆書簡掛け軸をはじめ、日露戦争時の軍事郵便数千通、満州事変以降の無料軍事郵便数万通、恤兵部絵葉書数千枚・・・慰問箱、恩賜のタバコを送った公用小包・・・軍事郵便規則などの文献などなど展示スペース一杯を使用して展示させて頂きました。
今回の展示、関係各位の方には大変お世話になりました。m(_)m

陸軍公用

さて・・・そろそろ、7日です、7草粥を頂いて・・・昨日までのおちゃけに因る胸焼け回避を・・・って、え?w
ええー完全に飲みすぎでグロッキーです・・・ハイΨ(`▽´)Ψ

んで、もってそんな今日は(完全に毎度の事ながら脈絡が無いです・・・はい。)、陸軍公用を持って来ました。

スキャン画像0694

陸軍公用は、俗に言う「公用便」では無く、「公用郵便」でも在りません。
↑この辺は非常にややこしく(言葉が)間違い易いので、今度、時間のある時(私が)にでも特集を組もうかな?っと考えております。
因みに、この陸軍公用以外に、海軍公用と言う制度もあり、こちらは同じシステムの使用官庁違いとなっております。

今日、ご紹介しているこのカヴァーの差出アドレスは、京都連隊区司令部差出となっており、表の公用の書き込みの下に責任者の認め印が在るのがこの陸軍公用の特徴です。

くー(><)

新年早々、残念賞なマテリアルのご紹介です。

先日、友人に分けて頂いたマテリアルなのですが・・・。
う・・・ん、悲しいパターンです。

スキャン画像0693

臨41局で抹消された昭和18年4月14日差出の書留郵便です。
残念な事に、切手が開封時に破れてしまっています。
差出は、第18播州丸で艦種は特設掃海艇でした。

実は、切手の破損より、この特設艦船が手に入った事の方が嬉しかった磯でしたΨ(`▽´)Ψ

料金予納葉書

正月も5日過ぎると完全に日常生活にもどり・・・以下自主規制・・。
まっ7日の七草粥食うまでお正月でいましょう♪

スキャン画像0692

長野県の下條局で販売された料金予納葉書です。
差出は、天竜第27678部隊さしだしで、茨城県の鹿島局から差し出されています。

・・ズボラさんして、また差出部隊を調べておりません・・・あしからずm(_)m

支那事変聖戦博覧会記念

今日は大阪朝日新聞社発行の「支那事変聖戦博覧会記念」の絵葉書をご紹介しましょう。

スキャン画像0690
スキャン画像0691

南京の門の模型を展示している姿を写真にしてあります。
写真に写っている人々が、全て日本人なので違和感を感じて購入した葉書なのですが、蓋を開けてみるとなーんてことない・・・博覧会会場内に作られた「南京市政府楼門」の模型だった訳です・・・・チャンチャン♪

菊兵団公用航空便

やっとの事で通常モードです。

が!
頭んなかは正月ボケモード100%なので、記事無しUPでお許しください。

スキャン画像0688
スキャン画像0689

菊兵団(第18師団)からの公用航空無料軍事郵便です。
野戦局は、第302野戦局で、差出は昭和17年7月31日となっています。
この頃は、丁度後の第15軍司令官としてインパール作戦を行って有名となる「牟田口廉也」が師団長の時代です。
因みに差し出し部隊は、ズボラしてまだ調べておりませんΨ(`▽´)Ψ

«  | HOME |  »

プロフィール

324-磯風

Author:324-磯風
1972年生まれ 男
軍事郵便保存会・関西事務局員
趣味と酒、食、女、宇宙戦艦ヤマト、インドア生活(休日)をこよなく愛す
趣味・秘密
本業・割と堅い職業
ニックネーム?・黒い服着た悪魔
トレードマーク・Ψ(`▽´)Ψ
PC系・電気系(家電も含む)が完全に駄目な私ですが、何時まで続ける事が出来るのやら・・よろしくお願いいたします。

注意事項
このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、コピー厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する