2007-07

第166臨時

今日も臨時局印です。

今日は、昨日までのタイプとは違うタイプで、以前にご紹介した「臨○○」のタイプです。

「臨166」印

20070730224925.jpg

日付は、昭和19年5月22日です。
差出人のアドレスは、大湊局気付ウ413(OU2型、第23魚雷調整班)で、北方派遣軍に宛てています。
このアドレスは本来なら、三沢基地気付なのですが、これは、どうも派遣隊の様です。

何故、臨時印には色々な印のタイプがあるのでしょう♪
それには、単純明快な理由があります。
「第○○臨時」印が、切手や葉書上に押されると、陸軍の野戦局印の「第○○野戦」と似ている為、随時「臨○○」に変更する様に指示が出ているからです。
しかし、この印は、各逓信局毎に調達されたものなので、実際に変更された印と、旧来の印が流用され続けたり、又、全然指示とは違う印を利用したりと、本当に様々なバラエティー(細かなバラエティーは本当に多い印です・・(TT))が存在する事となっています。
まぁぁ・・いずれにせよ、印のタイプは違うかも知れませんが、この印自体の性格は同じものですΨ(`▽´)Ψ

おぉぉ・・今日は久しぶりに真面目モードで記事書いてますなぁぁ・・・私♪
明日は、この臨時印のタイプではイレギュラーの部類に入る印をご紹介しましょう。
スポンサーサイト

第35臨時

今日も印影シリーズで、韻を踏んで・・・「第35臨時」おば、ご紹介しましょう。

20070730013212.jpg

昭和16年10月6日引き受けの開封書状です。
(封書なら4銭ですが、開封書状は3銭でした。)
差出アドレスは、横須賀局気付軍艦摩耶で、重巡洋艦の「摩耶」の事です。宛先は、佐世保局気付海軍谷本部隊となっています。
印のタイプは一般型の臨時局印です。

そして、このタイプにも存在するのが「臨第35」のタイプです。

20070730083752.jpg

日付けは、昭和19年3月31日、アドレスは呉局気付第三拓南丸です。
第三拓南丸は、特設掃海艇で、20年に入って横須賀で空襲にあい、一度軍籍から除籍されたのに終戦直前に修理してまた軍籍に入り、終戦時も残存したと言う数奇な運命の変り種です。


う・・・ん、このまま、調子に乗ってもう少し臨時局印特集をしましょうか♪

第45臨時

今日も、印影シリーズの臨時局印です。

「第45臨時」

20070728232750.jpg

これは、「臨第45」っと言うタイプの印ですが、この臨時局印は、印のタイプに関係無しに、付いている番号が重要でして・・・。
(タイプは、この印に関しては余り関係がないのです。)
日付は、昭和20年1月6日、アドレスは呉局気付ウ455-1-8(KU2型、第1特別基地隊・大浦突撃隊)です。

因みにこの「第45臨時」には、一般的な臨時印も発見されています。
(あれ?今日、これも紹介しようと思っていたのにまた、雲隠れ・・・??。また、出てきたらUPしますねΨ(`▽´)Ψ )
・・・実は、「臨第45」のタイプ印は、タイプが面白いので珍重されますが、発見例は結構有り、一般型の「第45臨時」の方が報告例は少ないのです・・・よね。


明日も、臨時印についてチョロチョロっと、考えております♪


追録(AM10:10更新)

20070729100816.jpg

有りました・・見つけました・・・臨時印のファイルじゃなくて、潜水艦のファイルに入ってました・・・汗。

こいつが、通常型の「第45臨時」です。
日付は、昭和18年3月20日・・・んっあれ?この葉書・・過去に・・今年の5月1日にご紹介してるじゃないですか(今、書いてて気づきましたw)・・・汗汗。
う~ん・・・じゃーそん時に別のファイルに入れたんだな・・・まったくはた迷惑な・・・プンプン>自分Ψ(`▽´)Ψ
因みに5月1日の記事のルーはコレです♪→ http://isokaze.blog75.fc2.com/index.php?q=%C2%E8%A3%B4%A3%B5%CE%D7%BB%FE

第35臨時

今日は、印影シリーズの紹介で、「第35臨時」です♪

20070728092248.jpg

軍艦(標的艦)「摂津」から差し出された書留有料便です。
(裏面をスキャンするのがめんどくさくて・・・信じてくださいΨ(`▽´)Ψ )
んっまぁぁ・・・この「第35臨時」印は臨時局印の中でも多数存在する番号なので、普通の葉書使用を持って来るより面白いだろうと、こんなのを引っ張って来ちゃいましたw。

標的艦の「摂津」は、開戦後も連合艦隊付属でしたが内地に残留していました。普通軍事郵便が適用されるはずなのですが、何か大切なものを差し出したのでしょう、内地の港に入港中なのを利用して港の一般郵便局で有料便の書留にしています。
消印の日付は、昭和16年12月27日で、開戦後のハワイ作戦参加艦艇が内地に帰還直後に差し出されたものですが、連合艦隊所属艦艇に郵便物が差し出しの許可が下りた直後の郵便物です。(この頃、ハワイ作戦の為、特に連合艦隊に対しての郵便物の取り扱いが厳しく制限されていました。)

この封書の面白い所は、書留引き受け番号印にも「第35臨時」と入ってる事でしょうか。
因みに、この「第35臨時」印の使用局は以前の私の記事をご参照くださいΨ(`▽´)Ψ


臨時局のファイルを引っ張り出して来てますので、明日も何か臨時局のマテリアルを持ってきましょう♪
↑ホント・・・ずぼらな磯ですΨ(`▽´)Ψ


すいません・・・また、自動更新にしていた記事をUPし忘れてました・・・汗。
今、気づきましたすいませんm(_)m(AM9:54)

なんでかなぁぁぁ・・・。

軽巡洋艦「天龍」兄弟カヴァー

今日は、以前このブログでご紹介しました、軽巡洋艦「天龍」の兄弟カヴァーの軍事郵便を、ご紹介しましょう♪
(以前の記事は、2007年2月21日の http://isokaze.blog75.fc2.com/index.php?q=%C5%B7%CE%B6 を参照ください。)

20070726222236.jpg

海軍特別航空軍事葉書の使用例で、複片も使用されずにのこっている使用例です。
この軽巡洋艦「天龍」は、以前にもこのブログで書きました様に、昭和17年12月18日、ニューギニアのマダン上陸支援作戦中、米潜水艦「アルバコア」の雷撃で沈没しています。
この海軍特別航空軍事葉書には、本来記入してはいけないのですが、差出日が記入されています。
その日付けは・・・12月15日・・・この「天龍」の沈没3日前の日付が記入されています。
文面には・・・
「もしかすると正月を家で迎えれるかも・・・」
っと、記入されてました。
当会では、この方のコレスポンデンス(書簡集)を在る程度纏めて所有していますが、この葉書がこの方の絶筆となっております。
複片が使用されていない理由もその辺りにあるのでしょう・・・。


今日は、少し重いものを持ってきました。
これから、益々暑い日が続きます、あの夏も暑かったと聞きます。
終戦記念日が近づいて来ました、来週頭ぐらいからは、少し2次大戦関係のマテリアル(材料)で特集を組もうかと思案中です。
(これは、いつものおふざけでは無くチョイ真面目に考えております。)

イスタンブール

今日は、開戦当時中立国だった、トルコのイスタンブールに宛てた郵便物を持ってきました。

20070726012808.jpg

日本の神戸を、昭和17年2月9日に差し出され、4月14日、イスタンブールに到着している書留便です。
料金は、外郵封書基本料金20銭+書留料金16銭、計36銭です。


このトルコ宛ての封書・・・このテーマを収集し始めた頃から、入手したかった憧れの逸品でして・・・。封書表面のイスタンブールの着印がとても良いアクセントになっていて、お気に入りの品です♪

そろそろ・・・本当に真面目にWWⅡ関連のマテリアルがとーんとご無沙汰なので、明日辺り本筋にもどらなくては・・・・汗汗。

第一次大戦の捕虜郵便

今日は、第一次大戦の捕虜郵便をご紹介しましょう。

20070725002507.jpg

これは、大戦の比較的初期の段階で、姫路に設置された捕虜収容所から、捕虜が送った捕虜郵便です。
この収容所は、後に青野原(兵庫県・小野)に場所が移された為に、大戦の初期しか存在しなかった収容所です。
消印は、姫路、大正4年4月7日となっています。




記念印

今日は、陸軍の日露戦争関連の記念印をご紹介しましょう♪

「明治丗七八年戦役陸軍記念印」

20070724025953.jpg

まぁぁ別に取り立てて珍しいものでは無いですが、割と綺麗な印影なので、ご紹介しました。
たまには、こんな記念印も「かわいい?」でしょうw。


ズボラモード爆走中ですΨ(`▽´)Ψ 。

重巡洋艦「古鷹」

今日もズボラさんです。

重巡洋艦「古鷹」からの軍事郵便です。

20070723010604.jpg

詳しい説明は後日更新させて頂きますね。

因みにこの「古鷹」の軍事郵便は、とある特徴が・・・まっこれも後日です♪


明日はちゃんとした記事をめざしましょう♪一応は・・・・Ψ(`▽´)Ψ 。あっそうそう・・・今日は別に戦利品特集ではありませんΨ(`▽´)Ψ 。

戒厳令ニ依リ開緘

今日は、「2.26事件」関係のマテリアルおば・・・。

20070721234235.jpg

大森、昭和11年4月13日差出の手紙の裏に、「戒厳令ニ依リ開緘」印が押されたものです。
これは、これより先の「戒厳司令部査閲済」印に比べて結構存在量が在るみたいです♪
(・・・因みに「戒厳司令部査閲済」印の使用例は、その分野の専門家さんの所にデーター取りのため、出張中ですΨ(`▽´)Ψ )


今日は、大阪でフロアーのオークションに参加予定です。明日はもしかしたら、オークションの戦利品をUPするかもしません♪・・がっ敗北していると・・・(TT)まっ予定は未定と言う事でw。

第485軍

今日は、昭和、20年に満州の軍事郵便所から差し出された有料の軍事郵便をご紹介しましょう。

「第485軍」印

20070720235729.jpg


ちょい、バタバタしていますので、今日は説明、オサボリにてお願いいたしますm(_)m

(2~3日、このパターンにてお願いいたしますm(_)m

海軍穿孔の葉書

今日は、久々に発掘品では無いものをご紹介しましょう♪

楠公2銭葉書に施された海軍の錨型穿孔の使用例です。

20070719202732.jpg

20070719202740.jpg

呉海軍経理部差出の昭和19年の葉書です。


今日は、これだけw。

恤兵部発行絵葉書

ここの所、何故、大掃除(整理)してるかと言いますと、とある方の依頼で、陸軍と海軍の「恤兵部発行絵葉書」の調査のご協力の為、あちらをゴソゴソ・・・こちらをゴソゴソ・・・。
いやぁぁ・・・今まで、まともに分類してなかったものですから大変です。表の使用例や部隊別の整理は割りと出来てる??つもり???なのですが、如何せん裏(絵葉書かどうか)は見てませんから・・・私・・・。
なんやかんやで、ゆうパック大に2箱以上の絵葉書を発掘・・・汗。
まだ、収蔵庫の奥の方にも在るみたいですが、一旦、休憩で、恤兵部発行絵葉書の銘版や種類の分類・・・恤兵部発行封緘も同じ様に・・。
多分、この調子で探すと後1~2箱以上は発掘出来そうですw。
梅雨独特の蒸し暑さの中の軍事郵便との葛藤・・遠い世界が見えて来そうな雰囲気です(テーマソングは、もちろん「ゴダイゴ」のガンダーラ♪)。
これを期に、私も「恤兵部発行絵葉書」も真面目に収集してみようかと思案中ですΨ(`▽´)Ψ 。

とりあえず今日の画像は、そんな「恤兵部発行絵葉書」の一部をUPしておきましょうw。

20070718223317.jpg

閑話休題

今日は、一旦「発掘品」シリーズは、お休みです。
実は・・・昨日、余計な事書きかけて、とある方に怒ら・・ゴニョゴニョ・・・まぁぁなんだ、そんな訳で、一旦閑話休題と言う事で、今日は軍事施設内の分室印をご紹介しましょう♪。

「呉/工廠内」分室です。

20070717225741.jpg

窓口差出の封書速達(12銭)です。
この系統(軍事施設内の分室)としては、割と見かける印ですね♪

今日は、昨日の予告を裏切りましたので、明日はきちんと真面目に、「発掘品」シリーズの番外編をいたしましょう♪

迷勘品??

オホホホホ・・・今日も今回の発掘作業で、初めて明るみに出たじじつおば・・・。

そう、このマテリアルの購入もだいぶん昔の出来事でした・・・。
とあるオークションの落札品、しかも最低値近くの低値落札だった様な・・・。
今回、ちょいと気になる事が在りまして・・そいつをマジマジと見つめ・・・んっこれ、どっかで見た記憶が・・・。

そう、「日本切手名鑑」に収録されていたものなのです。

いやぁぁ・・・知らん(気づかん)かったよ・・・汗。

20070716234315.jpg

内地から中国に宛てた航空便です。

・・・何が珍しくて名鑑に載ったのでしょう??
「航空便?」だから??
まっもう、名鑑が出版されて20年以上・・・今とはだいぶ感覚が違って来ているのは事実ですよね。

今日の品は、まさに「迷った上に勘で見つけた品」迷勘品Ψ(`▽´)Ψ 駄洒落の様な品でしたね。

あぁぁ・・今日はこのまま文章を書き続けていると、ついつい邪神モードでアブナイ事を書いてしまいそうなので、この辺で自主規制しておきましょうΨ(`▽´)Ψ

今日の記事は、自分的にはΨ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ Ψ(`▽´)Ψ な気分で書いてます。
明日は、発掘品の番外編でも・・・・ってか・・・そろそろ自分のエリアの軍事郵便のご紹介にもどりましょうか?現在思案中です。

海軍特別航空軍事葉書

今日は、海軍特別航空軍事葉書の「複片」をご紹介しましょう。
っと、言いましても、コレも発掘品シリーズなのです・・汗。
そう・・・昨日も書きましたが・・・「お前の専門どの分野やねん!」っと、つっこみを受けそうなチョンボでして・・・汗汗。

20070715231951.jpg

昭和18年10月18日差出の海軍特別航空軍事葉書の返信部です。
宛先のアドレスは佐世保局気付の軍艦「永福丸」です。

まぁぁ・・・このアドレス宛ての海軍特別航空軍事葉書返信部は、兄弟カヴァーが多く別に取り立てて珍しいものでは無いですが・・・「海軍特別航空軍事葉書返信部」というステイタス・・・自分の得意分野ってのを考えると・・・普通は忘れませんよね・・・こんなのw。

発見?(発掘)現場はなんと、収集品を整理するのに使用しているダンボール箱の底の隙間でした・・・。
手に入れてから何年の歳月をそこで過ごした事なのか・・・あー怖い怖い・・・。

因みに、この軍艦「永福丸」の艦種は、砲艦兼敷設艦です。
まぁぁ・・・今日の話題考えたら・・・あんまし書く意味有りません・・・かね。


さて・・・明日も結構・・・普通は・・・っと、言うマテリアルがスタンバイしております・・・m(_)m。

為替印の誤用Ψ(`▽´)Ψ

発掘品をゴソゴソしてますと、本当にあれ?っと、思わず言ってしまう軍事郵便に出くわしてしまいます。

今日は・・・いやぁぁまぁぁ・・コレ↓です♪

20070713235639.jpg

所有してる事に初めて気づいた・・・否、昔は、ちゃんと気づいて購入していたものだとは思うのですが・・・。
最近、某切手関係のブログで為替印の誤用について触れられていたので、私もここぞとばかりに今日、この軍事郵便を持ってきた次第です♪


明日は・・・もっと恐ろしい(普通は忘れないだろう?)発掘品をご紹介しましょう・・・Ψ(`▽´;)Ψ

事務用葉書-番外編

う・・・ん、今日は、発掘調査してて初めて気づいたマテリアルおば・・・。

「事務用葉書」をゴソゴソしてて、手に分厚い葉書があたりました・・その葉書を束から出してみると、紙の色が真っ白なのです。
まぁぁ・・・この葉書は、台紙が着色紙なので色がはげたのか、退色したのかと思ったのですが・・・紙質がどうも他の葉書と違う・・・。
そこで、初めてカタログをゴソゴソ・・・。
いつも見ない事務用葉書のコーナーを覗くと、なんと、紙質バラエティーに「白紙」が在るではないですか・・・。
しかし!残念な事に、磯はこの「事務用葉書」に白紙が在るのを、今まで知りませんでした(えっへん!)。まっただの勉強不足ちゃー不足なのですが・・・汗。あっ本題、本題・・・磯は、はたしてこれが白紙なのか今まで、実物を見たことが無いので、断定する事が出来ないのです・・ただ、他の葉書とは確実に感じが違うのですΨ(`▽´)Ψ 。
まぁぁ・・・百聞は一見になんとやら、画像をUPしますね♪
これが、もし、本物ならば・・・「事務用葉書」の中では結構珍しい使用例になるらしいです。

20070711001517.jpg

印影は、第一軍うにゃうにゃ・・・無理に読もうとすればなんとか・・・と、言うクラスです。

皆さん?どう・・思われます??

(画像で見るとうっすらピンクがかって見えるんだよなぁぁ・・・汗汗う~ん。マイッチングΨ(`▽´)Ψ )

昔・・真面目だった頃・・・

収蔵庫整理をしていて、つくづく思うのですが・・・昔は真面目だったのですよねぇぇ・・・私も・・・っと思える軍事郵便が続々と発掘されてます。・・・まぁぁ・・「今」だったら多分入手しないだろうなぁぁ・・と言う代物がワンサと・・・。(←これをしないから、現在、落ちぶれていってるのでしょう・・・私)

今日は、そんな発掘品の中から、「赤紙軍事」(軍事郵便葉書)の使用例(判子物)を数点ご紹介しましょう♪

20070711001539.jpg

まぁぁ・・・どの印影も「日露戦争」の軍事郵便を集める上では、基本中の基本の印影なので、説明は省略しますねΨ(`▽´)Ψ 。
印影がクリアーではっきりしていて、なおかつ葉書の状態が良いもの・・っと、言うぐらいの基準で購入していたものです♪
強いて言えば、右端の軍事郵便が、部隊-部隊間と言うのが現在の磯的好みのマテリアルでしょうか。
・・・最近・・・益々横道にそれていっている磯なのでしたΨ(`▽´)Ψ 。


あぁぁ・・・・あの頃は・・・ピュアだったなぁぁぁ・・・っと、遠い目・・・。
自分への教訓。
「基礎の勉強」はきちんとせなあかん!!
・・・っと、色々考えさせられるここ数日です。

青紙軍事の石版絵葉書

この軍事葉書の「赤紙軍事」(軍事郵便葉書)には、戦地などを描いたスケッチを石版印刷して、各軍が色々な行事に発行した絵葉書が有名です。
今日、ご紹介するのは、普通・・・その「赤紙軍事」が台葉書になっているものなのですが、「青紙軍事」を台葉書にした例をご紹介しましょう♪

20070710235428.jpg

20070710235442.jpg

消印は、第三軍/第二野戦郵便局 甲で、明治37年7月7日差出の軍事郵便です。
残念ながら、磯の勉強不足で、何の記念(どの部隊発行)なのかは判りませんm(_)m。
使用例(野戦局の判子)が欲しくてオークションに入札したおまけでした・・・・汗汗。まったまにはこんなラッキーパンチも無ければやってられませんよね♪(いつもは正面向いてどつき合いなんですから・・・(TT))

発掘品シリーズ・・・まだまだ続きます♪

軍用葉書-海軍使用

発掘品シリーズ・・・今日は「軍用葉書」です♪

さて、この軍用葉書・・・カタログを見て思ったのですが、陸軍での使用の事しか書いていない・・・。
海軍での使用例は無いのかな??っと、探してみたら結構ありました・・・海軍の使用例(それを忘れ去ってたなんて意地の悪い突っ込みはなしよ♪)Ψ(`▽´)Ψ 。
この葉書に海軍の使用例が割りと在るって事は・・この葉書や「赤紙軍事」(次のシリーズ「軍事郵便葉書」)などの使用地(部隊)の使用例を、もう一度洗いなおさにゃならんなぁぁ・・っと・・・。誰かやってくださいm(_)m。←相変わらす他力本願の磯ですΨ(`▽´)Ψ 。

20070710204517.jpg

「軍用葉書」の海軍使用です。
向かって左は、第八艦船郵便所、明治38年1月1日、佐世保軍港に在った第八艦船郵便所差出の年賀状の軍事郵便で、向かって右は、第十六艦船郵便所、明治38年7月7日、軍艦「磐手」より軍艦「橋立」に宛てた軍事郵便です。


おっ今日は真面目に前向きな?事言ってますね私Ψ(`▽´)Ψ 。
さて・・・明日は何を持って来ましょうか??

事務用葉書

今日も昨日の宣言?通り??発掘品シリーズです。

先日、久々に「日露戦争もの」の箱を開封・・・いやぁぁ私の記憶が正しければ・・・最低3~4年は開けていない箱でして・・・。
恐る恐る開封・・・ふっ・・こんな所に入ってたのか・・・って、マテリアルがわんさと・・・汗汗。

今日から数日間は、久々に日の目を見た「軍用葉書」をご紹介しましょう♪(軍用葉書ばかり入った葉書ファイルが一個見つかったなんて裏事情は、口が裂けても・・・Ψ(`▽´)Ψ )

今日は、出征部隊専用軍用葉書が出来る(配られる)までに暫定的に使用された「事務用葉書」をご紹介しましょう♪

20070709222633.jpg

消印は少し読み辛いですが、第一軍の第十野戦郵便局で、明治37年5月12日差出の軍事郵便です。
この葉書は、この一軍の他に、「第十二師団」にも配給されていたらしいです。(私の知り合いにすんごく良い使用例を所有している方がおられまして・・・ぐすんっください!!Tさん!!Ψ(`▽´)Ψ )


まっ今日のマテリアルもあまりたいしたマテリアル、(結構見かける使用例)ではありませんでしたね^^;
明日は、俗に言う「青紙軍事」・・・「軍用葉書」をご紹介予定です♪
しかし・・・古い時代の軍事郵便関係の収蔵品は、我が軍事郵便保存会の弱点(収集品の層が貧弱)だとつくづく思い知らされています。今回の整理&発掘作業で・・・まっ今までの好き嫌いの「つけ」なのでしょう(TT)

観戦武官

今日は、久々に??発掘された品物をご紹介しましょう♪

日露戦争当時、日本に在ったフランスの公使館に派遣されていた「コルヴィザール男爵」(騎兵中佐)は、戦地に直に視察(観戦)目的として派遣されていました。
これは、そのコレヴィザール中佐に宛てた、在日本フランス公使館からの書留軍事郵便です♪

20070708234620.jpg

差出は東京の麻布局で、明治37年12月3日の差出です。

まぁぁぁ・・・切手収集の世界では、この方(コルヴィザール氏)のカヴァは沢山残されていますから、別に目新しいものでは無い、マテリアルですね・・汗・・・この同じタイプの使用例も沢山残されていますし・・・。

発掘品特集・・・今週は、これで行きましょうか??Ψ(`▽´)Ψ

第十海軍軍用郵便所/第二派出所

昨日の公約通り、派出所とちゃんと表示の在る印影を今日はご紹介しましょう。

「第十海軍軍用郵便所/第二派出所」です。

20070707233658.jpg

印のタイプは、「第十海軍/二」のタイプです。


まっ今日はこの辺で♪
現在・・・部屋が益々ゴミ箱状態に・・・・汗汗。
あぁ・・本当に整理が終わるのだろうか・・・。
明日は、昨日の夜、発掘され、再保護されたマテリアルおば・・・♪

第八海軍軍用郵便所/第二派出所?

今日も調子に乗って消印シリーズΨ(`▽´)Ψ です。

今日は「第八海軍軍用郵便所」の印影です。

20070706215635.jpg

20070706215642.jpg

裏の差出人をみますと・・・・第二派出所となってます。
この様に、軍用郵便所の派出所などでは、専用の印が使用されずに本局の印が使用される例が多々ありました。
(例えば・・・第一海軍軍用郵便所の印なども、派出所の使用例だろうなぁぁ・・・と思う例が多数存在しています♪)


明日は、派出所のパターンを持って来ましょう♪

東京鎮台

今日は、少し古い時代物をw

東京鎮台に宛てた葉書です。

20070705223114.jpg

東京、明治16年7月10日差出の小判葉書です。
ただ・・残念なのは、右下の5厘切手が脱落している点でしょうか・・・。でも、磯はこの時代のマテリアルが大好きなので、そんな事は全然気にならないのでした♪



今・・・マテリアルの所蔵庫を毎日少しずつ整理してます。
お!って発見あり・・・こんな所に・・・ってマテリアルあり・・毎日がプチ発掘現場状態です。
数年ぶりに発掘されるものも多いので、その辺りのものも、逐次UPしていきますね♪

ただ・・・本当に整理が出来るのだろうか・・・自分が見ても、余計に散らかってる様にしか見えんからなぁぁぁ・・・。

検閲免除印

今日は、戦後の使用例です。(連合軍サイド)

20070704230144.jpg

この印の№が「1006」と言う所だけが・・・まぁぁ面白い所でしょうかΨ(`▽´)Ψ

基本的に、あちらさんサイドの使用例は、個人的に余り好きでは無い、磯でしたΨ(`▽´)Ψ (まぁぁ・・一応、一通りは集めておりますが・・・やっぱ、力が入らないんですよねぇぇ・・・。)

第43海軍

今日も、とりあえず、折角「消印(印影)」カテゴリーを作ったので、このカテゴリーからの起用ですΨ(`▽´)Ψ

今日の印影は、「第43海軍」です。
この印は、第43海軍軍用郵便所の在った場所がら、比較的多く実物が残されている印です。


20070704162100.jpg

「第43海軍」昭和17年11月6日
「第43海軍」とは第43海軍軍用郵便所の略です。
アドレスは、「呉局気付 テ21 テ21 興嶺丸」で、「マニラ 第三十一特別根拠地隊 興嶺丸」を示しています。
このアドレス形式は昭和17年1月29日~18年3月11日まで使用されたパターンです。

因みにこの「興嶺丸」と言う船は、特設捕獲網艇で540tの船でした。



あ!


あ!

更新されて無い!!

今気づきました(><)!!!

すぐに今日の分UPしますね!

16:30

第一海軍軍用郵便所

新たに、カテゴリー作っちゃいました♪
「消印(印影)」と言うカテゴリーです♪
その第一回・・・今日は、「第一海軍軍用郵便所」をご紹介しましょう♪

この印は、昭和7年に勃発した上海事変の際に開設された海軍の軍用局で、開設は7年3月10日、以後、昭和20年の日本の敗戦まで存続し続けた局です。
もちろん、印影の存在(残存)数も非常に多く、とても軍事郵便に関係するものとしては、親しみ易い印影です♪

20070702235835.jpg

これは、第一海軍軍用郵便所開設後、まぁぁ・・・4月ですが、比較的初期の使用例(探せばもっと良い時期のが在るはずなんやが・・まぁぁ・・偶然手元にこれが在ったなんて裏事情は書かなくて良いのかな??)です。
因みに、この局は開設初日の官白(葉書に印影のみを空押ししたもの)も在る程度残されています♪
・・・確か・・ここ数日・・どっかで見たはずなんやが・・・何処いったのか・・・??まともや雲隠れさんです・・テヘΨ(`▽´)Ψ

«  | HOME |  »

プロフィール

324-磯風

Author:324-磯風
1972年生まれ 男
軍事郵便保存会・関西事務局員
趣味と酒、食、女、宇宙戦艦ヤマト、インドア生活(休日)をこよなく愛す
趣味・秘密
本業・割と堅い職業
ニックネーム?・黒い服着た悪魔
トレードマーク・Ψ(`▽´)Ψ
PC系・電気系(家電も含む)が完全に駄目な私ですが、何時まで続ける事が出来るのやら・・よろしくお願いいたします。

注意事項
このブログ中で使用している画像、及び文章は転載、コピー厳禁です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する